<< ラースとその彼女 ヘアスプレー @DVD >>

年賀状印刷中

暮れも押し迫ってまして、絶対元旦には届かなさそう・・・みんなゴメン・・・






Lマガが廃刊になるらしい。
残念。ショック。
月1だったけど、面白いテーマを深く掘り下げて読み応えのある好きな雑誌だったのに・・・
落語・コーヒー・動物園・・・私の興味深いテーマのヤツは立ち読みじゃなくお買い上げてた。
廃刊の理由は、不況による広告収入の激減だそう。
紙面の内容に関してはむしろ好評だったんだって。
ichikoと同じ思いのひとが他にもいっぱいいるんだ。

なんだろう。かなしい。残念。
骨のある、いいモノ作ってるところがストップしなくちゃいけないなんて。
そうやって、ウケのいいだけのものがどんどん消費されちゃう
使い捨ての世の中でいーんだろーか。
まてよでも。ichikoの好きなユニクロもどっちかってーと消費型。か。
う~ん。
矛盾してるのかな。
けど、Lマガが廃刊で
KAN○AI一週間とか○ansaiWakerとかが
のうのうと生き残ってるのって、なんだかな。

連日、非正規労働者の契約打ち切りがニュースになってて
ほんとに気の毒だと思う。ichikoも切られた方の人間やしね。
でもあれ、ちょっとマスコミやりすぎな気もする。世相を煽るよね。
過剰な危機感や閉塞感で余計景気悪なりそう。
でもね
あるひとが厳しいことを言った
彼らは確かに気の毒だけど、権利を主張してばかりで
果たして、在職中にはどれだけの仕事をしたのかと。
今や100%の仕事をずっとしているだけでは甘い。110%120%の仕事を目指していかないと生き残っていけない、と。
他の人はこうも言った。
もともと、企業側が非正規労働者を雇うのは
いらなくなったときに、契約を打ち切れるメリットもあるからだ。
そのリスクを覚悟して働いてきたんじゃないの?と。
それがイヤならナゼはじめから正社員で仕事しないの?
と。
どちらも耳が痛い。何度も言うけどichikoも切られた方の人間やからね。
全くおっしゃるとおりだとは思うんですが
正社員で働きたくても働けなかったのかもしれないし。
一昔前は派遣社員なんてもの自体もなかったそうで
そんな時代にも不況の波がやってくることもあって
厳しい時もあったけど、今のように人をきるってことはなかったらしい。
終身雇用で、多分、そういう発想がなかったんだよね。
企業は人を守っていて、人も会社の為に働いてたんだろな。

どっちがいいとか悪いとか
んなこたichikoにゃさっぱりわからんし
終身雇用に甘えて
100%どころか60%くらいの仕事しかしないおっさんばっかりになっても困るし
かといって、
企業が企業のいいように
人もモノも偽装や使い捨てされるんもどうかと思うし
実質どんどん人切ってる企業、まったく利益出てないんかいっつったらそうでもないと思うのね。
どっかの企業が1万6000人解雇しても
部長や社長にはたっぷりボーナスでるんでしょ?
結局、一番弱い人のところにしわ寄せがくるっちゅうんが、非情やなと思うねん。
東大阪の町工場めっちゃ技術持ってても銀行お金貸してくれへんくて潰れちゃうし
けどおっきい企業は潰れそうになっても国がお金出して支援してくれるしさ。
でもそれが、今に始まったことやない、世の中の常なんかもしれん・・・とか思ったり。

それで私に何ができるかって全然わからへんし、何もでけへんくて
そう言いつつ年賀状刷ってるわけやけど。
人でもモノでも
弱い立場でも高いクオリティを持つホンモノが評価される世の中になったらええな。
うわっつらのスカスカはいかんよ。
努力のベクトルも消費のベクトルもそこにいったらええのに。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-12-29 19:09 | days
<< ラースとその彼女 ヘアスプレー @DVD >>