<< 歳とったなぁと思うとき 湯たんぽ愛用中 >>

ウォーリーとナノイー

b0057993_0305587.jpg

お正月にウォーリーを観てきました。
色彩が地味だし、お話の内容的にもちょっとオトナ向けかもしれません。
ウォーリーやモーの動きが可愛らしくて。さすがディズニー&ピクサー
ステキなファンタジーでした。

とと、本編はともかく。
お話は今から700年後の設定で
地球はゴミや廃棄物であふれて汚染され、居住不可能になってしまってます。
んでもって、人間は、巨大企業が開発した宇宙船の中で暮らしてる、と。
その中では、人間のお世話もロボットがぜ~んぶやってくれる。
人間はでっぷり太って、自分で立つことも出来ない状態
すでに宇宙船が航海を始めて700年!
人間たちは「海ってなんだっけ?土って何?」と人類の故郷の記憶すらナイ。
生き延びるためには、荒れ果てた地球を再生するより
このまま宇宙船で暮らすほうが楽・・・

という、ない話でもない未来の姿にちょっとコワくなりました。

それと前後しまして
アメトークの家電芸人スペシャルで
某電器メーカーの空気清浄機の話を聞く。
ナノイーシリーズといって、何千分の1の細かな水分粒子が
空気中に散らばって、何もしなくてもその空気清浄機をつけてるだけで
しっとり美肌効果♪が得られるとな。
きゃい~~ん 欲しいッ!
超乾燥肌のichikoは即座にそう思ったんだけど
その後のトークで聞いたところによると
最近の空気清浄機は高品質で
下手に窓を開けて空気の入れ替えをするより、窓を閉めて空気清浄機つけてるほうが
部屋の空気は綺麗なんだと。

う~むぅ。。。綺麗の基準もようわからんのだが
外気がそれだけ汚れてるってことなのか・・・?
にしても、自然よりも人工の方が勝ってるってどうよ?
っつーか、その自然の汚染の原因はもともとは人工なんだけど・・・

ウォーリーの宇宙船じゃないけど
自然が汚染されてきたから、それ以上の人工のもの
「もはやその方が安全で容易」になってしまったら、
それはそっちを選択していくべきなんだろうか。
[PR]
by ichiko1515jp | 2009-01-08 00:55 | 本と映画
<< 歳とったなぁと思うとき 湯たんぽ愛用中 >>