<< はな○そ にきび 花のくちづけ >>

歩いても 歩いても   @DVD

b0057993_23205396.jpg

これは観たらぜーったい切なくなると思って、どっちかって言うと避けてた作品

阿部寛扮する良平一家が久しぶりに実家へ帰省する2日間の物語
何ひとつドラマティックなことが起こるわけではないんだけど
終始淡々とそしてリアルに描かれています。

そんななんでもない風景の描写に、やっぱり何度か涙してしまいました。
あんまりにもプライベートな感情で、ブログには詳しく書けませんが
自分の想いと重なったり、両親を想ったり。
そしてやっぱりエンドロールの頃には、涙がポロポロっとこぼれてしまいました。

樹木希林扮するおばあちゃんは
長年頑固オヤジな夫に寄り添ってきた温和で世間知らずな専業主婦のようでいて
実はちゃんといろんなことがわかっていて、見えていて
母として女として強く生きている。
そりゃ、そうですよね。
専業主婦だろうがなんだろうが、そうでなくちゃ生きていけないですよね。
そんなことをごく自然に表現できて
すごい女優さんだなぁって改めて思いました。

劇中の音楽も素敵だな~っと思っていたら、ゴンチチ。さすがー。
[PR]
by ichiko1515jp | 2009-02-11 23:38 | 本と映画
<< はな○そ にきび 花のくちづけ >>