<< まつげ産業 理由 >>

洋服の話 ~着用単価~

連日最高気温35℃とか36℃とか。暑いですね。
しかし、お盆を超えたショップはすでに秋モード
そういえば、以前の職場ではお盆休み明け、営業さんもショップスタッフもすでに秋冬の装いでした。
こんなけ暑いと、大変。
秋を演出するのにショップスタッフが夏服な訳にもいかないけれど、通勤時はまだまだ真夏
サンダルで出勤して、売場でブーツに履き替えたりしてやったなぁ
それにこうも暑いと秋物の出足も鈍いだろうし、加えてずっと不景気だし。
厳しいだろうなと思います。

洋服の世界は一見華やかに見えるけれど
納品があれば重いパッキン(注:ダンボールの意。普通と思ってたけどどうもアパレル用語だったらしい)
女の子でもどんどん担ぐ。
体力も使うし、お客様相手に神経も使うし、売上げ予算達成するのも厳しい
それでもファッションがすき、という
ホンモノのショップ店員は、そこいらへんのOLさんより、ずっと働きマンで男前です。

さてさて随分前置きが長くなりましたが。
私はショップ店員ではありませんが、洋服大好きなOLです。
しかし、持って生まれたものなのか、顔が古臭いのか、センスの限界なのか
あんまりおしゃれすぎる洋服はどうも着こなせません。
最近はSHIPSあたりのラインが落ち着きます。よく、買ってます。

んでもって、以前テレビで、確か勝間さんがおっしゃっていたのが
洋服の値段は1回あたりいくらか、を考えるべきだと。
つまり、あまり気に入らないけど安いから買った3000円の服を
やっぱりあんまり気に入らないから2回ほどしか着なかったら、
少し高くても気に入った1万円の服を10回着たほうが、値打ちがある、ということ。

これに当てはめてみるに。
まぁ確かにそうね。安物買いの銭失いってことね。とは思うのですが
例外もまたしかり。
高いからといって何回も着るかっていうとそうでもないもんね。
結婚式用に買ったワンピースとかスーツとか、そこそこ値段はしたけど
なかなか着る機会がなくて、やっと2~3回着るうちに、
すでにシルエットが古くなってダサくてもう着れない・・・なんてこと、ないですか?
(まぁ、ずっと着られる定番のモンを買っときなさいと言われればそれまでだが、それが出来るタチではない)
逆に家用に買った安いTシャツやらショートパンツが妙に着心地が良くて
がんがん洗濯して週に何日も着て、着用単価いったい何円?てくらい元が取れてて
しかもボロボロになるまで着て、挙句、雑巾になったりウエスになったりで、最後まで超働き者やったってことも。

最近の着用単価優秀者はこちら
b0057993_9334926.jpg
何年か前にアローズで買ったレースのタンクトップ
着心地もよくて、胸元のあいたトップスにあわせてちょろりとレースをのぞかしてみたり。
インナーとして超重宝してます。
白はともかく、このこげ茶の方がかなりお役立ち。
明るい色とも暗い色ともしっくりマッチ。たぶん黒より使い勝手良いです。
あんまりにもヘビロテしすぎて、白い方は色がくすんできたので、最近新しいのを購入(下の段)
しかしこちらは実はユニクロで690円。10回着たら69円/1回 

レースがちょっとうるさいな、というときに大活躍なのがこちら
b0057993_9395866.jpg
バナリパのキャミソール
色・サイズのバリエーションが豊富で、肩ヒモも調節できます。
画像はちょっとくたくたに写っちゃってるけど、胸元だけ別布で、シャリ感があります。
同じトップスからのぞかせるにしても、すっきり感があってちょっと大人っぽいかな。
レースキャミの流行もちょいと下火な最近は専らこちらが多いです。







先週のある日のichikoの通勤服
b0057993_9504864.jpg

会社、ナメてますね。
[PR]
by ichiko1515jp | 2010-08-22 09:51 | 健脚 買い物日記
<< まつげ産業 理由 >>