<< 謹賀新年 2011 しばし >>

それでも寛平ちゃんは走っている

およそ2年前に世界一周マラソンの旅に旅立った寛平ちゃん。
来年一月に見事帰国する予定らしい。

なぜそこまでして。
どうしてそんな無謀な旅に出かけたのだ?
と、当初は思った。
寛平ちゃん誰か悪い人に騙されてない?
アメマバッチの時みたいに借金のカタに走らされてるの??
なんて邪推な想いで心配してみたり。

冒険なんて、言ってしまえば
「だからどうしたの?」
ということでしかないのかもしれない。
めちゃめちゃ高い山に挑んで登れた、とか
太平洋をひとりで渡りきった、とか。

だけど私はこの2年の間、実は何度か
「それでも寛平ちゃんは走っている」と思ったことがある。
ものすごく嫌なことがあって落ち込んだときとか
なんの心配もなくへらへらしている時とか。
勇気をもらった、というような熱い感情とは微妙に違う気がする。
私がしんどいと思うときも、そうでないと思うときも
地球のどこかで走っている寛平ちゃんがいる。
世界は私のまわりだけではなくて
いろんなところでいろんな人が絶えず今を生きている世界が無数にある。
なんて言うと大袈裟?

はじめはそんなアホな。なんて無謀な。という計画も
2年の歳月を経て(モチロン本人の努力才能もあるけど)成し遂げられようとしている。
考えてみるに
なんでもいいから2年真剣にやったら
なにがしか得るものは必ずあるんではないかい?

寛平ちゃん、無事に帰ってくるといいなぁ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2010-12-21 21:55 | days
<< 謹賀新年 2011 しばし >>