<< 生後1ヶ月と手作り散歩マーケット 犬も歩けば >>

阪急電車

b0057993_2044064.jpg
昨夜は久々に女子映画部活動!
といっても部員はふたりだけなんだけども。
レディースディに観てきました。
満席!

だいぶ前に原作を読んだことがあって
映画観ながら、あ、そうそうこういうエピソードがあったあった。と何度か思い。
なので結構原作に忠実につくられてるかもしれません。





中谷美紀は気の強い綺麗な女性をすんなり演じていて
(新郎を寝取る女の子役がなんと安めぐみ!)
標準語もなぜか違和感なかったし
宮本信子の関西弁、実はネイティブからするとちょーっと違うんだけど
だけど上品で許せるのはやっぱり役者さんの幅がなせる業なのかな。
人間ドラマとして素敵な映画に仕上がっていると思います。
何の前情報もなく観た友達はいたく感動しておりました。

観ていてすごくもどかしかったのは
阪神電車でも近鉄電車でも南海電車でもない「阪急電車」の空気感があんまり伝わってこなかったこと。
関西在住の方なら、なんとなくそのニュアンス、わかりますよね。
あの映画を観た他府県の人にはきっと伝わらないだろうなぁ。
宝塚には大歌劇があって、宝塚ホテルがあって
門戸厄神からは関学生がいっぱい乗ってきて
そんなちょっとした街の空気感
それも原作ではとても魅力的に感じたんだけどなぁ。

ほんと女同士って難しくってめんどくさい
ホント言うと今日も会社で、さんざんしんどいなぁって思った
ちょっと凹んでます。
何がめんどくさいって自分のオンナの部分がまたこれややこしい

ややこしいけど、楽しかったりうれしかったりわかりあえたり
そんなことがあるから
放棄しちゃうことはできないんだけどね。
[PR]
by ichiko1515jp | 2011-04-28 20:25 | days
<< 生後1ヶ月と手作り散歩マーケット 犬も歩けば >>