<< 感謝状 ゴマの年収 >>

お局論

事務所がフロア移動することになった。
デスクやキャビネットのちょっとしたレイアウト移動である。
休日明け出社してみると
新しいフロアでの配置図が出来上がっていた。
やられた!
先輩がもっともよいポジションである。

思うに
会社に限らず集団というものは
そこの長たる人が最も良き用に物事が進むものなのだ。
それは自然の摂理としていたしかたない。

ここで
その長たる人の才覚だ。
その人が秀でた人だったり、人の気持ちのわかる優しい人だったり
バランス感覚抜群の人だったりしたならば
それはとても幸運なことだ。

今回のレイアウトでは後輩の私にも配慮してくれていた(と思いたい)
先輩がmostであることは仕方がないとして
他の人たちもmorebetterな方法を選択してくれるのなら
その環境は快適なはず。

自分のことしか考えられなかったり、
それどころかつまらない痴情で、他の人を陥れようとしたり
不幸にしたり、というような長の場合
その集団の環境とメンバーは最悪だ。
そして哀しいけれどそんな集団は少なくないように思う。

世に言うお局さま。
なんだか行かず後家で意地悪で・・・と良いイメージがないように思うが
実際には案外中身が乙女な人も多い。
良きも悪きもお局さまの才覚次第。
優れたお局さまのいるところは、きっと業績もいいと思いますよ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-01-27 22:17 | days
<< 感謝状 ゴマの年収 >>