<< 本日のお昼ゴハン 本日のお昼ごはん >>

OLとマッサージとアクセサリーとチョコレート

癒しの時代なんだそうな。
私の通うビジネス街にも、マッサージスペースや、
リラクゼーションサロンなんていうのがゴロゴロしてる。
アロマテラピーなんてのもやたらあるなぁ。
一億総癒しの時代?
そんなにも癒しが必要なんだろーか。
2時間残業したOLが癒されないといけないなら
サマワのオランダ兵は誰に癒されたらいーんだっつうの。

横文字の名前のリラクゼーションサロンを非難しているわけではない。
実際私も極度の肩こりでよく利用するし。好きだし。
たとえ2時間残業しただけのOLでも
自分のお金でリラックスするサービスを買ってるわけだから
誰に迷惑かけるでもなし、
マッサージ屋さんもOLもお互いの利点を元に契約が成り立って
別になーんの矛盾もない。
癒しが必要な時代というより、ブームなんだろなって思う。
需要あるところに供給があって
すごく経済的なにおいがする。
ブーム、というにはものすごく長いこと続いている気がするけど。

またちょっと違う気がするけど
最近よく聞く
「自分を好きになりましょう」ってのも、どんなもんだろうか。
そもそも「好き」という思いは愛情という感情であって
対象はモノであれヒトであれ他者に向けられるべきものであって
決して自分に向けられるものではないんじゃないだろーか。
なーんてこれ「非常識セラピー」という本の受け売りなんだけどね。
(この本、ほんとにセラピーが必要な人が読んで笑えるのかわかんないけど
私は面白かった。)
なんとなく、言葉の新しさというか新鮮さに騙されて
すごくいい言葉のように使われているけど
日本語としても間違ってんじゃないかなぁって思う。
だって究極の自己愛なんてただのエゴ。ジコチューなだけでしょ。
犯罪犯しちゃうよ。
30過ぎて無職なやつが幼児殺しちゃうじゃん。
卑下する必要はないけど
自己肯定しすぎるのは危険でない?
小学校の運動会で手つないでみんな一緒にゴール!なんてやっぱりおかしいと思う。
走るの早いやつと遅いやつがいるって
ちゃんとわかんないと。
子どもの社会も大人の社会もおんなじだよね。

あと、「自分へのご褒美」
これもわかんない。
だーから、ご褒美は誰かに与えられてはじめてご褒美なんであって
日本語おかしいってば。新鮮さに踊らされてるパターンですよね。
自分で買ったらただの買い物以外なにものでもないですよー
(あ、「フンパツする」とは言うかな)
しかもこっちは企業にとってモロ経済効果。
バレンタインのチョコレートと一緒やんね。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-04-16 03:07 | days
<< 本日のお昼ゴハン 本日のお昼ごはん >>