<< まぶたの裏の悪夢 本日のお昼ゴハン >>

映画館の人びと

「コーラス」観てきました。
少年たちの歌声と表情が心に沁みる作品でした。
やっぱり音楽とか映画って何か特別な力があると思うのは私だけでしょうか。

今回は作品の本編はもとより
映画館のお話を。

梅田のガーデンシネマにいったんだけど
ここ基本的に自由席なんだよ。チケットに整理番号がついてる。
指定席制にすれば(映画館の人も)楽なのになぁ
どうやって入場すんのかなぁって思ってたんだけど
まぁもともと100人ほどしか入れないキャパということもあってか
係の人の丁寧な引率でせまいロビーでも血を見ることなく入場。
最後のほうに入場した人には空いてる席を案内してくれるし
本編開始前にちゃんと係の人からの挨拶と説明があって
(スクリーン上のへんてこなアニメではないのだ)
携帯電話はマナーモードじゃなくて電源オフ、上映中飲食は禁止というルールも。
確かに映画館ではたとえバイブにしてても携帯の音って不快だし
ものを食べる音、食べもののパッケージを開ける音、迷惑ですよね。
本当に映画を楽しむためのルールだよなぁって思った。
ほんと小さい映画館で
食べ物もコメッコと柿ピーしか置いてないけど、私は許せます。

観に来ている人たちも、映画が映画なせいか
娘おっきめの親子連れとか
仕事帰りOL四人組とか
映画が観たくて来たのよ立見でも大丈夫よ的メガネの学生風若い女の子
子供手離れて、レディースデイにお友達と映画
あー映画なんて何年振りかしら~的質素な主婦二人連れとか
お前なんでこんな時間にここにおるねん的スーツ姿のサラリーマンひとりとか
でもみんな映画が好きなんだよね。うんうん。って感じて。
一瞬だけどたくさんの人が素敵な空間と時間を共有してたと思う。
そんな人間ウォッチングで
実は映画の予告編さえ始まらないうちに涙ぐんでいた私。
ヤバいな。涙腺西田局長並み。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-05-11 23:17 | 本と映画
<< まぶたの裏の悪夢 本日のお昼ゴハン >>