<< たふまん その後 グレードアップ >>

女の子を落とす方法

雨・雨・雨・雨・・・・
数日雨続き。見事な梅雨。
気分が滅入る。
せっかく買ったサンダルもなかなか履けないし
ダーリンともまた喧嘩。
私はまっとうなコミュニケーション能力がないのか?

雨なので
出かける予定を変更。というか起きたら昼過ぎてた。
疲れてるし、ゆっくり休養の日にしよう案に全身の筋肉が賛成。

久しぶりに本を読んでます。
石田衣良の池袋ウエストゲートパークの最新刊
ドラマの方は全く見てなかったけど、このシリーズのファンで。

冒頭の話に風俗ギャルのスカウトマンの話が出てくる。
地味な風貌なのにやたら女の子にもてる男の子の話。
小説中の彼いわく、女の子の心をつかむには
1.どんなにおかしくても、女の子の話はすべて聞く
(常識的な説教とか、えらそうな理屈とか、あとでやれそうなんて下心はなしで)
2.女の子は急に気持ちが揺れるときがある。理由無くはしゃいだり、落ち込んだとき
黙ってそばにいてあげる。ただ手を握っていてあげる。何時間でも。

なるほどなぁ

後輩の♂(イケメン既婚26歳)も
彼が落としたいと思った女の子には
とりあえずその子の話を聞いてあげるそうだ。どんなにつまらなくても。
店選ぶのに時間かけたりしないで
別にいい店な必要は無くて、普通の居酒屋でいいから、ここ!ってさっさと決めて
ゆっくり話を聞いてあげることに時間を使うんだそうだ。
で、相手が心を許して相談なんかしてくればこっちのもん・・・
と話の最後のほうは悪ーい顔になって言うとおりました。

別に私は女の子落とす必要はないので、ふーんとしか思わないけど。
信用してもらえるようにする、ってことなんかな。
確かにそんなことが自然に出来る人はどんなにブサイクでも
女の子にもてるだろうと思う。

小説の男の子の話、
1.は簡単そうでこれはすごく難しいぞ。
2.も、だいたい女の子の気持ちの揺れなんて女の子本人でもよくわからんのに
男性からみてそのタイミングがつかめるのかどうか。そして何時間も手をにぎっていてあげる
時間的精神的余裕がこのせわしない時代の誰にあるか!と。
それについては1.も同様。
この気ぜわしい世の中でみんな自分のことだけでいっぱいいっぱい
そんなキャパのあるやつなかなかいないぞ。
だからこそまぁそんな人がいたら間違いなくモテるだろうけど。

世の中のすべてに
もう少しづつ余裕があれば
自分の事以外のことを思いやりあえる余裕があればな。
なんて、私も余裕の無いうちのひとりとして思ったしだいであります。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-07-09 21:06 | 本と映画
<< たふまん その後 グレードアップ >>