<< マラソン 最近これで >>

言葉は言い訳

物事にはいろんな面があって
ただひとつの事実でも
見方が違えばプラスにもマイナスにもニュートラルにも
受け止め方はひとつではない。

おなじ事実でも
説明する人が違えば受け止める人のその事実に対する認識も違ったものになる。

私は小さいころから絵や文章をかくのが好きで
作文が得意だった。
そうして去年はじめたこのブログも
実は自分の中で紆余曲折しながらも
(内容はともかくとして)
飽きることなく続けている。

ブログをはじめたから、というわけではないが
言葉って言い訳にしか過ぎないよなぁと感じることがある。
いろんな言葉で修飾することによって
私はこう思う、これはこういうことなんだよ、と押しつけているような。
別れ話にしてもそうだと思う。
もうコイツと別れよう。シンプルなその事実に対して
実に様々な言い訳が双方にて繰り返される。
相手を傷つけないように、はたまた自分を守る為に。
時には優しい嘘もつくかもしれない。
人を好きになるにも嫌いになるにも理由なんかないのになぁ。
真実はまた、別のところにあると思う。

バツイチ子持ちのところにお嫁に行ったSさんは
知りたいのは事実で真実ではないと言った。

お。ちっと話がそれた。


元来根っこは侠気あふれる性格なもんで
言い訳なんて女々しいことは嫌いだ。
仕事をしていても理系の人との方が楽。
数字で話ができるし、デジタルだったら0か1。
文系の人は理屈っぽくて抽象的で要領を得ない。
あくまで一般論ですけど。
(余談だけど案外絵を描く人は理系の人が多い。
アートという自分とは真逆の抽象的世界に魅力を感じるのかもしれない)

だけど、私はこれからも毎日言葉で「言い訳」をするぞ。
このブログでも、友達や恋人や日常のコミュニケーションでも。
だって、自分の想いを伝えようとしたら
言葉は必要だと思うんだ。
文章に比べて、お喋りの方は無駄が多すぎて得意でないが
それでも、下手でも伝えたいと思うのだ。

そうして今日もこうしてひとつの巧妙な言い訳を成し終えた訳で。
果たして私の伝えようとするところはちゃんと伝わっているのだろうか。

ただ、伝えられる側がそれを望んでいるか?と問われると
難しいところだけどね。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-08-10 15:02 | days
<< マラソン 最近これで >>