<< 健脚 買い物日記 ストイックに写経?京都小旅行 ... >>

ストイックに写経?京都小旅行 ~鞍馬山編~

道場に着きまして。
ここはもともと写経・書道・茶道・華道等の訓練?修行?の場に使われているそうな。
和室が広い!そしていくつもある!!
そのひとつの写経用?広間に案内されました。
写経用の机と筆が並んだ正面には観音様がいらっしゃいます。

ある程度の予想通り、
ひと通りの説明が済むと、おばあさんはさっさと去り
今日は他に写経する人もいないようで
我々ふたりは放置状態にて写経に挑みます。

といっても下敷きに全部書いてあるから、それをなぞるだけ。
朱で書くんだって。(寺にもよるらしい)↓半分済みました。
b0057993_17163866.jpg


やっぱり10分もすると正座に耐えられなくて
誰もいないのをいいことに、足をくずしてお姉さん座りで書いてみたり、
写真を撮りっこしてみたり、
はたまた午前中からの疲れが走馬灯のようによみがえり
まぶたが重くなる始末。。。
よく考えると観音様には全部見られてたんだよな。
「こんな奴らのお願いなんかきかなーい」って思われたかしら。

とかなんとか言いながら、真面目に?筆を走らせること1時間半
出来た!!
b0057993_17203747.jpg


出来た写経は奉納されるそうです。
最初の説明のときに、般若心経のあと、ひとこと書くとこがあるのね。
決まり文句みたいなもんがあるらしいけど
わかんない場合は、俗に言う「家内安全」みたいなものでいいそうで。
そこと、署名だけはお手本がないから自分の字。
へたくそだけど心を込めて書きました。(時間押しててちょっと焦ってたけど)
だから、居眠りしたりおしゃべりしたり足崩したりしたの、見逃してー?
観音さま。。。

さてさて
のんびり写経を体験している間に、閉山の時間も迫り、焦る我々。
道場を出て、ケーブル乗り場に向かいます。
途中仁王門でさっきのおばあさんに遭遇
「ご苦労はんどした」笑顔で挨拶。
写経のおかげで顔を覚えてもらっていたようで、良い笑顔に出会えました。
ばあちゃんいかすぜ。

ケーブルカーの料金は100円
これは乗車料じゃなくて奉納金になるんだそうだ。
だって運営は鞍馬寺総本山。宗教法人運営の交通手段ってのもなかなかないのでは??
牛若丸のイラストが可愛い乗車券は花びらをかたどったものらしい。
私ははじめろうそく型かと思いました。
b0057993_17325119.jpg


このケーブルカーが可愛い。
ちっさくて細長い。山の斜面そのままの階段状になってて
なんとも言えません。

ケーブルに乗ること2分。
そこからまたさらに500メートルほど参道を進むと
ようやく本殿に到着~ 標高高くて空気が薄い。

b0057993_1737556.jpg
本殿にいた狛犬?
カワイイ。

お参りを済ませて、復路はケーブルを使わずに下りました。



復路を下ってみて思い知りましたが
仁王門から本殿までは急な坂道が続く九十九折の険しい参道。
今回は時間がなくてケーブル使ったけど
昔の人は苦労して登ったんだよな。
鞍馬寺から貴船神社へと続く山道を(所要時間1時間ほど)
ハイキングがてら行く人も多いそうです。
牛若丸が訓練のため走り回ったと言われるところですな。
下りの道すがら、
本殿に向かうチビッコとそのお母さんとおじいさんらしき人とすれ違い、
「がんばれようっ!」と声をかけたら
チビッコに言ったつもりが、
おじいさんに「はいいぃっ」と返事されてしまい、躊躇しました。

寺というよりは山全体が修養の場であったようです。
比較的気温は低くて、店に入っても冷房してないんだよ!!
冷房なしで過ごせるなんて、やっぱ涼しいといえば涼しいのだけど
天気のせいかムシムシしていて、じっとり汗をかきました。

復路を下ってちょっと一服の冷やし栗ぜんざいb0057993_17521755.jpg
お茶が奇妙にタバコくさいような味のお茶だったけど
あれはなんのお茶だったんだろう・・・


そして閉山近く、鞍馬駅に向かうと
がーん。。お土産物屋さんが軒並み閉まっているではないか!!
閉店寸前の店でなんとかちりめん山椒を買って、おしまい。
小天狗のストラップとか欲しかったなぁ。。残念。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-08-13 22:09 | days
<< 健脚 買い物日記 ストイックに写経?京都小旅行 ... >>