<< 憧れの屋久島 ~出発に向けて~ 時間 >>

女の一生

モーパッサンほど高尚ではないけど。

以前共通の友人のフラメンコの発表会を見にいった帰り
5つ年下のEちゃんは
「女の人ってさ
学校行って、受験して、受かった学校行って
卒業して、就職して、恋をして、結婚して、子供を産んで、育てて、
子供が手を離れたら、再び自分の時間を取り戻して好きなことを少しずつする・・・
人生の節目節目にイベントがあって
それを機に環境が変わって、退屈しないようにできてるんだなぁって思うよ」
と言った。
驚愕だ。目からうろこだ。
20代半ばのEちゃんがこんなこと考えてて口にするなんて。

「だから結局そのレールに乗っちゃっうのが大きな枠で幸せなのかなと思う。
そうでないと、いろいろ考えちゃう時間が出来るし、考えないでいいこと考えたりする」
と彼女は続ける。

ほんとだなぁ。って思っちゃった。
そうでないという人もいると思う。
多少乱暴なくくりかもしれない。
けど、心底レールに乗りたいと思ってるのに、
乗れてない一人としては、大きくうなずくよりなかったのでした。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-11-02 15:17 | days
<< 憧れの屋久島 ~出発に向けて~ 時間 >>