<< たとえばのはなし わるいことといいこと >>

M-1グランプリ準決勝 at NGK

行ってきましたM-1グランプリ準決勝大阪大会。場所はNGK。
知り合いの知り合いのツテを頼って補助席をゲット。
一般発売のチケットは10分で完売のプレミアチケットだったそうな。
あぁKさんありがとう。。

今年で5年目を迎えるこの大会
一般の認知度も上がってきたし
大会委員長島田紳介も戻ってくるし
空前のお笑いブーム(と呼ばれるモノ)の影響もあってか
注目度も高まってます。
会場には関係者っぽい人も多くて
開演直前にはぼんちのおさむちゃんがサイド入り口からひょっこり顔を出し
隅の席で一般のお客さんにまぎれて観覧されていましたよ。
お付きの人もいたようだけど
やっぱおさむちゃんオーラあったでな。

大会前日にはドキュメント特番なんかも(関西ローカルの昼間の番組だけど)あったりして
ドラマチック狙いすぎて関連特番がどことなくプロジェクトXおびてるのも
芸人がこんなマジなとこ見せてええんかってとこも
気になるっちゃ気になるんだけども
どんなジャンルにせよ、男達の熱い戦いというのは胸が騒ぎますね。
ましてや、無類のお笑い好きですからね、たまりません。

こんなにマジでガチな大会の歴史には
数々の名言やエピソードがあって。
なかでも私が一番好きなのが、第1回大会のますだおかだのエピソード。
このとき、優勝は中川家で彼らは涙を飲んだのだな。
こんときの中川家は出番がトップバッターにもかかわらずダントツでおもしろかったと思う。
まだ第1回なだけに、やっぱり吉本以外は不利なんじゃないかとか
一般審査員の審査は適当じゃなかったんじゃないかとか
そんな真ん中の芸以外のところでの悔しい思いもよぎったことだろう。
で、番組終わったあとに一応打ち上げがあったらしく
彼らももちろん誘われたのだが、出席しなかったそう。
ガチで真剣に戦って、心底悔しくて、その直後に、
がんばったね、残念だったね、中川家おめでとうってお祝い、
とか、そんなこと出来ないです。ということだったらしい。
気難しいとか大人気ないとかいう風にとる人もいるかもしれないけど
本気で戦った人なら、むしろそっちの方がまっとうな感情じゃないかと思う。
そしてそのとき涙をのんで悔しく帰った彼らが
所属事務所の壁もとっぱらって
第2回の優勝者となったのでした。
優勝したときのシャンパンファイトのときのますださんのセリフがまた熱い。
「みなさん、テレビに出てるだけがおもろい芸人やないです。
ライブに、ライブに見に来てください!」

第1回に優勝して当時露出が急激に増えた中川家お兄ちゃん剛も語る。
彼は漫才が好きで漫才師をやっている。
M-1優勝のおかげでバラエティの出演は増えたが
バラエティ出演時に面白いことが頭に浮かんでも、
「これおもろいから、今度漫才のネタにとっとこう」と思うらしい。
そのとき喋れば、確実に笑いが取れて、バラエティタレントとしてますます活躍できるのに、だ。

と、語りだせばきりがないんだけども。

でもって今回!初めて生で見まして。
もう会場は立ち見まで満員!!芸人さんも気合入っててスゴイ空気です。
夏の予選から選びに選ばれ、勝ち抜いた大阪組32組のネタ
思えばなんと贅沢な舞台だったのでしょう。

その中で決勝進出を果たしたのは
結果
アジアン・ブラックマヨネーズ・笑い飯 でした。
東京組からは
麒麟・南海キャンディーズ・品川庄司・チュートリアル・タイムマシーン3号

アジアンは
テレビのバラエティでしか見たことがなく、初めて漫才みたんだけど
うまい。おもしろい。バラエティ向きタレントなんかと思ってたけど
ちゃんと漫才だ。馬場園ちゃんのペースなんかいいよ。
ブラックマヨネーズは
実は個人的にはあんまりスキじゃなくて
関係者からは結構支持されてて、「ほんとに~?」って思ってたんだけど
いや面白かった。よう出来てる・・・
昔私が知ってたときはこんなにうまくなかった。
ビジュアル面のハンディにも負けず、よく腐らずいままでがんばってきたもんだ。エライ・・・!
優勝候補らしいです。
笑い飯
2003年彗星のようにM-1で全国放送に顔を出し
こいつらテレビに出てもいいのかと言われるほどのルックスの小汚さと胡散臭さ
それをはねのける強烈な爆笑ネタで、
ある意味優勝したフットボールアワー以上に注目された彼ら
が、ネタの方向性か、昨年は奮わず。
今年は若干2003年風に持ち直したか?
それが彼らの望む方向なのかは定かでないが
優勝候補の重圧をはねのけて、決勝の舞台では存分に暴れて欲しい。

そしてそして
今回涙を飲んで準決勝敗退となった
りあるキッズ・千鳥・レギュラー etc・・・
東京大会ではオリエンタルラジオが意外に敗退!
その他にもイシバシハザマ・NON STYLE・・・面白くて気になる人はいっぱいいた!
出来ることならみんな決勝に行かせてあげたい・・・
と、まるで甲子園を見るおかんのような気持ちでございました。

さて決戦は12/25。
涙を飲んだグループの中から敗者復活戦を勝ち抜くのは誰か?!
そして優勝1000万は誰の手に?!
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-11 23:14 | days
<< たとえばのはなし わるいことといいこと >>