<< ホテル ルワンダ Special thanks >>

旅行記、その前に

別にもったいぶっているわけではないのだけど
ちょっとひと言いわせて頂戴!

トリノ、そうトリノオリンピック!

開催期間中にイタリアに行ったのはまったくの偶然で
トリノには行ってないし、まぁ、せっかくだからトリノオリンピックチョコとか
あの妙に可愛くないマスコットの人形でもあれば
話のタネに買って帰ろうと思ってたのだけれど
ミラノでもローマでも、なかったですねぇ。そういったグッズは。
かろうじてローマ三越にちょこっとピンバッチがあったかな。
愛地球博のときに日本国中にモリゾーが溢れていた我が国とは趣が違います。
そういったモノに執着するのは日本人だけなのかもね。
すぐにとりたてるマスメディアの影響か
営業熱心な消費国家だからなのか
何か大きなことがあると、すべてそれに習え的な国民性なのか。
イタリアでオリンピックを感じたのはミラノの街頭で
おっきな液晶テレビがオリンピック中継してるくらいでした。

なので、開催国にいながらまったく情報がなかったのよ。
ホテルのテレビで中継は見てたけど
日本人選手なんてうつらないしね~
イタリア語わかんないし。
どうやらメダルは取れてないらしい・・・くらいしか。

で、帰ってからテレビでハイライトを見て。
うまく編集の技に見事のせられてるのかもしれないけれど
やっぱり、いいよねぇオリンピック。
心が熱くなります。
テレビ番組で日本勢の不振、批判する出演者、多分アンタ選手の10分の1くらいしか
頑張ってないでしょうが。と私は思う。
「参加することに意義がある」オリンピック
「結果を残さなければ意味がない勝負の世界」オリンピック
私は困ったことにどっちの意見にもうなずいちゃうんだよね。
ほんとのところ
ここんとこのオリンピックは各国の利権やら経済効果やら
きっと大人の事情がふかーく関与しちゃって、そうそうクリーンなものでもないのだろうけど・・・
もとをたどればオリンピックって
なんだか古代の偉いお人のためのお祭りだったはず。
(くそう。詳しいことが飛行機の中でYっきーにかりた本に書いてあったのに、もう忘れた~
誰か正しいこと教えて~)
その偉人にささげる神聖な戦いなのだ。
日本人の選手、メダル取れてないけど
スケートの団体で転んじゃった女の子もスピードスケート4位の岡崎も
モーグルの皆さんも、真剣に頑張ってたよね。
で、なぜメダルにとどかないんだ!
選手の皆さんが「メダルを取る難しさを改めて思い知りました」って揃って言うんだけど
他の国のみなさんがもっと頑張ってた、ってことなんだろうなぁと思うのです。

でもって
オリンピックは何も自国の選手だけではないのだ!
私がテレビで魅了されたのは
スノーボードのアメリカ勢。
なんだあのジャンプ。なんだあの技。
他国との力の差は素人目にも歴然。
童夢くんもメロちゃんも試合前はあの若さで
あんなに頼もしくさわやかに会見していて私は感動した!
本番は悔しかったね。
それにしてもあのアメリカ勢の堂々とした活躍っぷり。
愛と正義の国?
陽気で楽観的ポジティブシンキングな国民性を観た想い。
アメリカ全肯定はしないけどさ。国民性でひとくくりにするのもイヤだけど。


それからそれから
Chic&Sweetのtaraさんの記事を見て
再びオリンピック熱再沸。
米ジョーイ・チーク 惚れちゃうね。この人。
なんでもできる人っているよね。
私が思うに、できる人ができない人と違うところは
はなからできないとまったく思っていないところだと思う。
中国のフィギアペアって21と20?!若さにもびっくり。
これはイタリアでテレビ見てたんだけど
ほんと、美しかった。。
こういう体の線の美しさを競うとき、
中国人が本気になったらもう誰もかなわないと思うんだ。
だって人口から何から、中国雑技団の国だもの。
はかりしれないよ。彼らの潜在能力。
経済的な問題で、スケートなんかはあまり人気がないんじゃないかと思うんだ。
西洋人手足長くて、見かけの美しさに騙されてしまうけど
技持たせたら、絶対中国だって!

なんて
選手の10分の1も頑張ってないOLのワタクシですが
やはり誰かの真剣な熱い戦いには心奮わせる想いなのであります。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-02-21 23:39 | days
<< ホテル ルワンダ Special thanks >>