<< イン・ハー・シューズ on DVD 対面、そして散財。 >>

人込みの中で

ふとした帰り道なぞに
あれっ。この人どこかで会ったことあるよなー・・・って人が
実は朝の電車がいつも同じ人だったり
よく行くコンビニの店員さんだったりすることってない?
考えてみれば同じ駅で乗り降りしたり、近所で働いてたりするのだから
同じエリア内で違うタイミングでも顔を合わせることもそう低い確率ではない。
そしてまぁ、別段知り合いでもなんでもないし話したこともないのだけれど
いつもと違う場所で会うと妙に親近感感じちゃって
おうっ兄ちゃんおつかれ!残業かいぃ?
なんて思わず声をかけそうになってしまうのは
大阪のおばちゃんの王道を進みつつある私だけかしら。



話は矛盾するかもしれないが
大きな交差点の信号を渡るとき
私はいつも
こーんなにたくさんの人と一度にすれ違うけど、
同じ人と二度とすれ違うことないよなぁ。。などと思ったりする。
いや実際はすれ違ってるのかもしれなくて、それに気付かないだけかもしれないけど。
それだけ世の中
そりゃもう気持ち悪いくらいいっぱい人がいるってことよなぁ。。と思うのだ。

そしてそして
大通りの人込みの中にまぎれるとき
こんなとき異国の言葉が巧みに操れればなぁなどとも思う。
それも英語やフランス語などのメジャーな言語ではなく
誰が聞いてもちょっとやそっとじゃ何言ってるかわからんような。
そしたら
「あのおっさんめっちゃ出っ歯やなぁ」とか
「うわーあのねえちゃんのワンピースはイマドキないわぁ」とか
罪のない思ったままの発言を思う存分大きな声でしちゃうのに。なんてね。
海外行ったときの日本語に通ずるもんがあるかも。
帰国した時、若干自分の声が大きめになってることに気付いたりして。

んでまぁ何が言いたいのかよくわかんない記事になっちゃったけど
いっろんな言語を話す人々もいて
ちょっとやそっとじゃ同じ人には二度とすれ違わなくて
要するにそりゃもう気持ち悪いくらいのヒトがこの地球上にいるわけで。

ひとりくらいワタシみたいなヤツがおってもええかぁ?
って思えてくるわけです。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-09 23:29 | days
<< イン・ハー・シューズ on DVD 対面、そして散財。 >>