<< さよならCOLOR  @DVD 運命の靴 その後 >>

乙女だ☆光るぜ

久しぶりにCDなぞ借りてみる。
スキマスイッチ。
FMで聞くその爽やかな歌声とアフロのビジュアルで気になっていたのだ。
とてもステキな曲たちであるが
なんとも切ない気持ちになりGWさなかに寂しくなってしまった。
次!
ウルフルズ「YOU」
なんでもラブソングばかりを集めたアルバムだそうな。

ストレートな歌詞と歌声。
いつも思うのであるが
彼らの曲に出てくるように愛し愛されたらどんなに幸せだろーか。

結構好き嫌いが別れると思うのだけど、私はスキですよ。
ダサかっこいいの元祖ではないですか?

そう
そしてね。
MALCOの「男だ☆光るぜ」を聞く。
♪夢も希望も~ないオレが~しなくちゃいけないこと~♪
タイトルだけ聞くとなんてダサい、ダサかっこいいどころではないぞよと思ったけれど
キャッチーなサビのメロディと抜け感のあるヴォーカル
ストレートでジンとくる男心の歌詞が。

なんだろ
その昔ギャートルズの時代には、男が狩りをし、女は子供を産み
農耕民族の我々でさえ、ひと昔前までは、男が外で働いて女が家を守る。
いまこの平成の世の中、女の人が強くなったと言われることに間違いはない。
今さらテラノザウルスが襲ってくることもないだろうし
野武士が村に攻めてくることもなかろう。
けどやっぱり、こう、面と向かって守ってやると言ってくれるのは
乙女心としてウレシイよなぁ。
たとえ実際守れるほどの力量がないとしてもさ。
その心意気がジンとくるやない。
そんな風に思うのは人間の古い私だけかしらねぇ。
そんな私が守ってもらえるストライクゾーンから
すでにはみ出てしまっているのではという心配はあるが。

と思いつつも
FM802では湘南の風の純恋歌という
これまたなんともストレートなラブソングが流れっぱなしじゃないさ。
ダサかっこいい流行なんかな。

これは邦楽の歌のなかだけの世界?
ほんとうにこんな風に思ってくれている♂はちまたにたくさんいるのだろーか?

ちなみにこのMALCOというバンド
ちょっと前に違う曲が802のヘビーローテーションになってました。
どちらの曲も130R板尾の顔面アップというなかなか思い切ったCDジャケット。
深夜にCMもやってました。こちらは板尾踊ってます。
タワレコで一度ジャケットチェックして視聴してみてちょ。

前にTちゃんと飲んだときも
彼と彼の友達は、彼女に対して
「女の人は化粧品やら洋服やらにお金がかかるから
飲み代食べ代くらいは男が出す」
んだそうだ。
私はそれを聞いて感動した。
イマドキそんな男気のある言葉を聞いたのは久しぶりだったからだ。
なぜ今まで、そして今も、私のまわりにそのような男子たちがいないのだ!
・・・というか
そう思われるにはそれなりに女子も男子を立てたりする
健気なカワイイ女でないといかんのか。
納得。

なんだろう。今の若い子だったら逆にそんな風に扱われるのは
平等じゃない!って思って気分よくない子もいるのかもしれんな。
実際私も相手が彼氏だろうと友達だろうと男だろうと
立場は半々、50:50だと思ってた。
ワリカンが当たり前だと思ってたし。
だけどそんな風に大事にされるのも、女の子扱いされるのもいいなぁ。。。
と32歳オヤジな乙女は憧れるのであります。

ってなわけで
男子のみなさん
これからichikoと飲みに行くことがあったら
思いっきりオシャレしていくのでゼヒとも奢って頂戴ね☆
(そこかよ~!)
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-15 23:11 | days
<< さよならCOLOR  @DVD 運命の靴 その後 >>