<< ダンスな日 決めるこころ  >>

空中ブランコ 奥田英朗

暑い。暑いッスね。。
海行きたーい!!!
とまぁ。たまには時節のネタも盛り込んでですね。

b0057993_21463837.jpg奥田 英朗 「空中ブランコ」
オモシロイ。
トンデモ精神科医伊良部シリーズの短編集

この伊良部さんのキャラが笑える。
読みながら思わず声を出して笑ってしまいそうになる。
今回は通勤電車の中で本読みながらニヤニヤするという
これまたアブナイ人になってしまっている私。

伊良部のもとを訪れる患者さんをめぐってのショートストーリー
各々の患者さんはサーカス団員だったりヤクザだったりするんだけど
その症状は、そう深刻ではないし(多分本人にとっては深刻)
その原因や心の動きは、私達誰にでも共感できたり心当たりがあったりする
日常的なことだったりする。

そして決して派手ではないハッピーエンドが心地いい。
この辺のさじ加減は「池袋ウエストゲートパーク」シリーズを読んだときに似ている。

何本か読み進むうち
ちょっとした心のトラブルは心を大きく持って素直になれば
視野が開けてラクになるってことなんかなと思った。
今の世の中、そのきっかけがムズカシイのかもしれないね。

ちなみにこちらはシリーズ2作目
1作目は「インザプール」というタイトルで文庫化されてます。
たまたま図書館にあった「空中ブランコ」の方を先に読んだので
順序逆になっちゃったけど、「インザプール」も今日本屋で買ってまいりました。
そしてそして全くの無駄話ですが
ichiko大学2年の夏休みにサーカスでバイトしたことあります。
玉乗りか?綱渡りか?!とよく聞かれますが
もちろん裏方です。サーカスの団員さんは思ったよりもみんな普通の優しい方々です。
(ただし恐ろしく身が軽かったり化粧が濃かったり金髪だったりはしますが)


このシリーズ、そのうちどこかの局でドラマ化されるんじゃないかな。
伊良部先生がアニメのようなキャラなので
真面目に実写化すると安っぽくなりそう。
個人的には朝日系列の深夜ドラマ枠(時効警察とか特命係長只野仁とかやってたトコね)
あたりでやってほしいなぁ。
看護婦マユミ役はそのときイチオシのグラビアアイドルで。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-07-15 22:09 | 本と映画
<< ダンスな日 決めるこころ  >>