<< ザ・ネーミング 夏の一日 >>

DVD3連タコ

暑。あつ。あつ。
昼間部屋の温度計は34.8度。ひょー
それでも午前中はエアコンなしで久しぶりに部屋の掃除を。
たまったホコリやら床に落ちてる髪の毛やらキレイにしまして
いい汗かかしていただきました。
たまには汗かかないとね。体に老廃物たまったまんまになるらしいっすよ。

さてさて久々のまったり休日
午後からは部屋を快適にしましてDVD鑑賞でございます。
最近邦画ばっかり観てるなー

■メゾン・ド・ヒミコ■
b0057993_2128138.jpg「ゆれる」に続いてオダギリジョー
「ゆれる」の嫌味なくらい型にはまった業界人っぽさと比べ
少々線の細い役回りでございましたが、
いや~~かっこいいわさ。
それがたとえゲイでもさ。
柴咲コウは無愛想なブス役がとても魅力的でした。
(本当は絶対ブスではないのだけれど)
今さらあえて言うことでもないかもしれないけど、目力、強いよなぁ。
「GO」の時のお嬢さん役よりずーーーーーっといい!


■サマータイムマシーンブルース■
b0057993_21394093.jpg
ヨーロッパ企画の人気舞台を映画化。
監督も言ってたけど最初の15分は我慢ですね。
ヨーロッパ企画自体が大学の演劇サークル発信だからか
この若者たちのふざけ具合というか
しょうもないノリと空気と、「ある、ある」と思いますね。
意味ないこと何回も言ってみたりやってみたり
とにかく仲間でつるんでずっと一緒にいた時代
我が姉妹校D大の何とかサークルそのままこんな感じやん!みたいなね。
そのなかで恋愛があったり葛藤があったり
ふざけながらも自分の道見てるやつは見てるし
それぞれが自立してくんだよな。
そのまま、いいお父さんやお母さんになったりしていったりとかね。
なんて女子大出身の私は憧れでしかなかったけれど。
映画本編はそんなノスタルジーとは無縁のコメディです。
よりふざけっぷりの期待できる舞台の方を観てみたいなぁ。
ちなみに出演者の川岡大次郎くんは学生のとき同じバイト先でした。
向こうは覚えてないだろうケドね。ちょっと自慢。
当時高校生だった彼にはすでに近隣の女子高生のファンがいたりして。
バイトの合間に即興ドラマの相手をやらされたり
四つ年下、当時高校生の彼に
「ichikoさん喋ってたほうがマシ」なんて失礼なこと言われたなぁ。

そうそう、最近のDVDには「コメンタリー」なんてのがついてて
副音声で監督やプロデューサーが解説してくれるのね。
監督が前に出る時代になったんだなぁ・・・なんて思ったりした。
レンタル返却期限がまだあるので、後日またコメンタリーも聞いてみたいと思います。

■人志松本のすべらない話■
b0057993_21535851.jpg
観たくて観たくて、購入を考えていた一本。
運良くとある方からお借りできることに♪
Sさんありがとうございます。
いやほんとに、すべってないですよ。
個人的には未公開の話のほうが
面白かったかなぁ。
キム兄の加湿器の話が好き。
Sさんがそうされたように
ほんとに何度聞いても面白いのか、
もう一回観る予定。




いやーもうこれ書いてる今もあっちぃあっちぃ。
何を隠そう、我が家のPC部屋にはクーラーがないのですよ。
最近更新頻度が落ちてるのもこのせいだったりして。言い訳言い訳・・・
汗だっらだらですわ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-08-06 22:00 | 本と映画
<< ザ・ネーミング 夏の一日 >>