<< ichiko七変化 夏の終わり >>

フラガール  @試写会

b0057993_22253182.jpg


ここんとこ試写会当選率百発百中。4回だけだけどね。

面白かったし泣けました。
ストーリーは予定調和、王道も王道なのだけど
もう、しょっぱなから蒼井優ちゃんのキュートな福島弁にハートをぎゅっとつかまれちゃって、ずぶずぶと物語にのめりこみました。
元来こう、若者が一生懸命なさまにめっぽう弱いこのワタシ。
この映画も例外ではありません。

炭鉱の厳しく、そして子を思う昭和の母を富司純子好演。
しずちゃんは登場だけで笑いがおき、不器用な笑顔がとてもキュート
良きも悪きも存在感タップリ。
ダンスの先生役、松雪泰子好演
気が強く、熱く、破天荒だった元トップダンサーも
フラガールたちとともに成長していました。
嫌味なほど気位の高そうな美人役、すごく「っぽい」んだけど
それでもどこか可愛いらしさを感じられる松雪さんは
魅力のある女優さんだなぁと思いました。
コレ、杉本彩とかだったらシャレになんないもんね。

松雪さんが男湯に単身乗り込んで行くシーン
ほんとは笑うとこなんだろうけど
他人の為にそこまで見境なく熱くなれることに
実は一番涙してしまった。

人のために
夢のために
一生懸命になれる

いつの時代も人の心を動かすのは
人の一生懸命な気持ちだと私は思ってんねんけど

青いっすか?
スンマセン。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-08-24 22:56 | 本と映画
<< ichiko七変化 夏の終わり >>