<< ホームにて ~こんなこともある... ホットカクテル >>

ウクレレはじめました

若干、冷やし中華みたいな扱いになっておりますけれども。

以前の記事にも書いたように
何か楽器をやりたい!
小さくて可愛くてほのぼのして、ギターよりちょっとカンタンそう・・・
というヨコシマな理由でとっつきました、ウクレレ。

最初に行った某有名楽器店系列のサロンは
ビルも新しくてキレイ。体験に伺ったときには制服姿のキレイなお姉さんがお迎えしてくれ
体験レッスン前に10分間のイメージビデオ。
教室も狭いながらも防音が施されており
スクール全体で年に一回ブルーノートで演奏会を行うなど
なんともイマドキにイケてる(まぁ悪く言えば商業的な匂いがプンプンするのだけど)
スクールでしたが、日程が合わず断念。
二件目に訪れましたのはこれまた某有名楽器メーカー系列の教室なのですが
歴史があるのか、ビルは古い雑居ビル
(実はこのビル、以前にシスアドを取ったときに通った学校と同じビル!
またもや通うことになるとは!!)
防音って何?とばかり、となりのドラムの音はレッスン中もがんがん聞こえてくるし
ウクレレのレッスンなのに
ひとりひとりエレクトーンの前に座って演奏するの。。。
(エレクトーンの教室を使いまわしとるのですな)
とはいえ、探し回るのもきりがないし時間も体力もないし
日程も丁度よかったので思い切ってこちらでお世話になることに。

先生はユースケサンタマリアをちょっと小さくよりあっさりしたような先生。
ユースケ先生と勝手にお呼びすることにしよう。
楽器を何ひとつやったことがない私なのに
「初めて」をなんら気にすることなく、
教本のはじめから淡々とややあっさりめに教えてくれるユースケ先生。
楽譜は全く読めないし、コードもチューニングもわからなくて
あたふたあたふた目も耳も指も泳ぎっぱなし。
助けてオーラを全身から放ち、先生に助けてビームを発射し続けるのだけど
なかなかどうして
10年間のOL生活で身につけた姑息な手段は
音楽教室ではなんら通用しないのである。
やっぱり体験レッスンのときの先生は愛想120%だったんだろうか・・・

なんて
なにもこれはユースケ先生が意地悪なわけでも冷たいわけでもなくて
今まで何人もの初心者を見てきて、
経験上、その人自身が繰り返し練習するより方法がないと知っているからなんだろうなと思う。

私は手が小さくて指が太いので
コードによっては押さえるのが大変。
手指の長い人が羨ましいけれど、
ウクレレって、ハワイでは小学生くらいの子が演奏する楽器なんだって。
(日本でいうところのリコーダーか?)
てことは小学生の手指でも充分演奏できるってことよね。
身体的欠陥を嘆いていても言い訳してても始まらないぞ。

かくして目下毎日15分を目標に自主練習中。
b0057993_037360.jpg3コードは覚えたぞ。

基本的にドン臭いのでなかなかスグには上達しないだろうなぁ。
飽きっぽいからいつまで続くことやら。

新しいことに挑戦するのは、いくばくかの費用もかかるし、少しの勇気が必要で、そしてとっても面倒くさい。
だけどそれ以上に面白くって楽しい気持ちになるものだ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-15 00:37 | days
<< ホームにて ~こんなこともある... ホットカクテル >>