<< ある日の電話メモ 2008年の運勢 >>

黒ichiko

今日はかなりの愚痴で毒を吐きますから。
安らかな気分でいたい人はスルーしてね。

先日新年初の店長会があった。
いつにも増して長い部長のありがたいお話は
それはそれは立派なオハナシでした。




会社は今大変革期。
自分のことだけやっていくのではなく
よりよくなるために、それ以上のことをアピールをしなければ給料には反映されない。
与えられることを待っているだけの人はマイナスです。
マジメにこつこつやってるだけの人はダメだ。
会社が大きくなろうとしているときに
与えられることを待っているだけで、会社が今後どうなるのか心配だけしているなんて
自分は何もせず、どうにかしてくれと言っているのと同じだ。

とまぁ、ichiko的に要約するとこんな感じ。
ほーーーー
確かに。ごもっともです。立派なオハナシじゃありませんか。
しかしなぁ
彼の話はいっつも抽象的な理想論だ。
具体的な話はひとつもない。
しいて言えば春からのスペシャルポロシャツの展開店舗についての話くらいだっただろうか。
そんなの担当者レベルで話せる話だ。

結局自分は理想論を説いているだけで
何の示唆も指導もなく
自ら動け。ということだ。
動いた結果で、吉と出れば「俺はわかっていたよ」という態度をとり
凶と出れば「あのときのあの判断がまずかったな」という態度を取る。
そんな評論家こそ会社にはいらんっつの。

得てしてどこの会社でも上司とはそんなもんだと思う。
だけど悲しいかな
事務職OLといえど、販売スタッフといえど、所詮はサラリーマン
上司の評価でその価値が決まってしまう。
こうなってくると人間同士、相性の問題になってくる。
代表の監督が変われば選手のメンバーも変わるように
やっぱり自分の使いやすい人間を重宝するのはいたしかたないことだと思う。
だから、どんな上司とでも上手につきあっていける人が、ある意味優秀なサラリーマンと言えるのかもしれない。
社会に出て10数年、私はいい大人の歳になっても、サラリーマンになれないでいる。

たぶん
この立派な抽象論も他の部長から聞いていればもう少し素直に聞けたかもしれない。
そう
今の上司とは相性が最悪だし
そんな抽象的な理想論で勇気付けられるほど
彼にカリスマ性も人望もあるとは思えない。


結局
目立っておいしい仕事をしたもんがち、ともとれる。
自分の仕事以上の何かをして、それが彼のおメガネにかなわないといけないらしいから。
よしんば
優秀な人材ぞろいでみんな自分の仕事をこなした上で
それ以上のアピールをしたとしよう。
そんな巨人みたいなチームが果たしてうまくいくのか?
オシムの言う、水を運ぶ選手がいて、お互いの役割を信頼して、
はじめて、プレイが生きるんじゃないのか?
たぶん彼の中で水を運ぶマジメな選手は評価されない。


今の上司に
私の気持ちや仕事を理解してもらえるとは思わない。
理解して欲しいとも思わない。


だったらお前部長やってみろよって言われて出来るモンでもないけどさ。
自分が部長でいられることも、
まわりの人間あってのことだとわかってない人は人の上に立つ資格ないんじゃないの。


正直、早くどっかいけへんかなーと日々思っている。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-01-09 00:45 | days
<< ある日の電話メモ 2008年の運勢 >>