<< 初体験 向いてない >>

ムンク展へ行ってきた!

b0057993_225247.jpg

あいにくの天気で、冷たい雨の降る日曜日となりましたが
兵庫県立美術館はムンク展へ行ってまいりました。

ムンクと言えば「叫び」があまりにも有名で、(というか「叫び」だけが有名?)
時にユーモラスに表現されるそれのイメージで
世間ではもう少しポップな印象を持ってる方もおられるのでは。
だけど絵画としてのムンクは
人間の負の感情をモチーフにした作品も多く
あんまし、明るくないです。

作品の隣には立派な解説が添えられていて。
それはとても巧みな文章で間違いないと思うし、すごい研究だと思うんだけど
実際ムンクは何をどう思って描いていたんだろうなぁ。。。って思いました。

ゴッホやムンクやユトリロや
全世界中に有名な偉大な画家だけど、
生前の彼らは幸せやったんやろか?と思う画家さん少なくない。
病気や不幸や、波乱万丈だけど
それでも意欲的に仕事をこなして充実感を感じたり人を愛したりしていたのかな。
没後何年たっても全世界じゅうにファンがいて、その作品を観に多くの人が詰め掛ける。
天国の彼らはこんな事実をしってるのかなぁ。

私は私の描いたパンダが私が死んだ後にどんなに認められ評価を受けるよりも
(ありえないけど)
生きてるうちに平凡な幸せをかみ締められるほうがいいなぁ。

そうそう、ムンク展で売ってるポストカード、裏のデザインが可愛いです。
オレンジ色なの。(画像がなくてごめんなさい)
もし行かれる方いらっしゃったら、お土産にいいっすよ。オススメ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-01-20 22:04 | days
<< 初体験 向いてない >>