<< ふくちゃん かっこいひ。。。 >>

マイ・ブルーベリー・ナイツ

b0057993_2324626.jpg

久々に映画館でひとりで映画を観てきました。
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
私の中の評価がくるくる変わったこの1本
公開前、やたら宣伝を目にしたので
私の今までの経験則で「やたらCMをする作品はたいていつまらない」というのがあって
観るまでは、これもそれかなぁ~って思ってました。
主演、ノラ・ジョーンズだしさ。
ほら、やっぱり本業は歌のヒトじゃないですか。
歌で人気が出てそれに便乗したのかな?って思うと、映画つまんないかなって。
ところが、そこここで結構な好評価。
きっとこんなラブストーリーはダーリンと観にいくのがステキなんだろうなぁと思いつつ。
残念ながら、おひとりさまで。
(最近、店員さんの「おひとりさまですか?」の問いに
「ハイ!!」と元気よく答えられるようになった。いいんだか。悪いんだか・・・)

面白かったです。
話の流れにもあんまり無理は感じなくて。
ストーリーは観る前からあらかた知ってて
きっとジュード・ロウが、
マヌケなくらいお人よしな優男なんやろなって想像してたのですが
(つか、こんな男前、パイ屋にいるかよーーっとも思ってた)
適度に崩れた、というか、髪型なんかもよれよれで、適当に粗野で
ほんとに街のパイ屋の男のヒトにすんなり見れたのです。
ノラ・ジョーンズも確かにキレイな女性なのですが
なんというか、ちょうどいいんですよ。
美人過ぎない、オシャレすぎない、悪過ぎない、真面目で芯が強そうで、
そう確かにこういうタイプって正しくていい娘なのにフラれるんだよなって。
いくら正しくても、口うるさいヒトより
いい加減で調子のいいヒトの方が
人生楽しいのかもしれないなぁ。。。なんて思ってしまう今日この頃のichiko

失恋シーンは、いわずもがな
女性なら誰でも共感する部分あるんじゃないでしょうか。
なにかに依存しちゃったりした経験ないですか?
そういう時間と経験が必要なときも、きっとありますよね。
そうして少しずつ自分を取り戻して、あんときバカだったなーって後から思って。
だから、エリザベスが遠い旅に出る気持ち、わかるー。
昼夜働いて、不眠症と気持ちを紛らわす。
実際には映画のようになかなか思い切れないけど、それこそ、週末のひとり旅とかさ。
そして、失恋したヒロインだったエリザベスが
旅先では、さまざまな人々の人生を垣間見る脇役となります。
だんだんいい顔になってきますよね。エリザベス。

1年近くも待ってくれるヒトがいてよかったよねー
新しいはじまりのハッピーエンドでした。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-04-23 23:53 | 本と映画
<< ふくちゃん かっこいひ。。。 >>