<< 34歳の夏休み 危機 >>

その後

ブログを見て
励ましのコメントやメールくださったみなさま
ありがとうございます。
意外な人から連絡をもらったりもして、ホントにホントに感謝!です。

とりあえずまだはっきりした退職日は決まってないのですが
来月か再来月に8年勤めた今の会社を辞めることになります。





一応覚悟してたつもりだったんだけど
会社のことを考えると、悔しかったり、かなしかったり
思った以上に涙が出ました。
仕方がない、と頭ではわかっても
感情が追いつかなかったです。

部長面談の次の日催事セールの準備だったんだけど
その後ショップスタッフも含めてみんなで飲みに行った帰り
(もちろん、まだ内示なので退職の話はみんなに言えない)
涙がこらえきれなくなって、なんとかみんなをまいてから
中央線の本町のホームでひとりわんわん泣いてしまいました。
酔ってたせいもあるんでしょうね。だいぶアブナイ奴でした。

これから新体制に向かって、ブランドを盛り上げようってときに
私も一緒に働けないなんてとても悔しいし、
正直、部長を恨む気持ちがないとは言えないし
実際ほんとうに最後まで気悪い上司だと心底思う。
そもそも会社が買収されるのも、リストラされるのも
今まで業績を上げれなかったことに原因があるのに、
なんで一部の人は会社を辞めないといけなくて、部長は残れるんだ、とか
面談時の説明もとうてい納得のいく気持ちのよいものでもなかったし
なんで本社にいるというだけで、ミスだらけの本社事務員は会社に残れんだよとか
そもそも私自身努力が足らんかったんかなぁ
とか
もろもろマイナスな気持ちやネガティブな思考が頭を占拠したりもしました。

だけど
経緯の真実はわからないけれど、
真実がどうであれ
私が今の会社に残れないという事実は変えようのないものだし。

なんだかんだ言って
私は会社が好きで、会社の人が好きで
今までたくさんの人に良くしてもらってきたから
最後の最後に喧嘩して辞めるなんてしたくありません。
仕方ないなら気持ちよく辞めたい。

私のブログを愛読してくれているある人が言いました
「ichikoさんは凹んだり↓、元気になったり↑、オモシロイね」
そう、失恋したり、失敗したり
これでも凹んだときは、この世の果てかというくらい暗くなったりもしますが
結局元気になるんです。

また別の友達は
「笑顔を忘れないでね」とコメントくれました。
ハイ。
笑う角には福来る。
ピンチのときこそ笑っていないと!
お世話になった会社生活もあと少し。
せっかくだからなるべく笑顔で過ごしたいなと思っています。
(ダメなときは無理しないけど)

・・・・とは言いつつも、
ほんとのところとても心細いので
よかったら少しだけこれからのichikoを応援していていただければ
この上なく幸せデス。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-06-19 13:18 | days
<< 34歳の夏休み 危機 >>