<< スコーーーーーーン babanbabanbanban >>

2008 結婚観

20代の頃は結婚願望がものすごく強かった私
残念ながら未婚のまま、30代も4年生終盤
今はさほど願望がなくなった。
モチロン!諦めたわけではないわよッ。
けれど、「(結婚)したいけど、したいけどな・・・」という感じ
所詮負け犬の遠吠えだけど
多くの30代未婚女性はそんな感じじゃなかろうか。





ダンナさまになる人の食事を毎日作って、ダンナさまになる人が脱ぎ捨てた靴下を床から拾い
掃除して洗濯して、なんだかんだ言っても要所要所ダンナさまとなる人を立てないといけなくて
そんな生活がなにより幸せと思えていた可愛いichikoちゃんだったのに
随分とうが立って
中途半端な自立心も生まれ、
それに魅力を感じなくなりつつある。
死ぬほどステキなダンナさまで
ものすご~く愛してしまったら、その気持ちもまた復活するのだろうか。
そして数年後にまた消失するのだろうか。

しかし、コドモを産むにはタイムリミットがあるのでこれが複雑だ。
ちょっと前までコドモは絶対欲しい!!と思っていたのに
それも微妙になりつつある。
もし今すぐ5歳年上のダンナさまと結婚してすぐにコドモが出来たとして
コドモが成人する頃にダンナさまはすぐさま定年である。これはちと微妙でない?
もし万が一幸せに結婚できたとして、授かるかどうかはまた別の問題だしな。

岩盤浴に行ったり、サッカー観に行ったリ、映画や本
自由気ままな暮らしは慣れてしまえば捨てがたい魅力
生活さえ安定していれば
ひとりでも友達とでも楽しいことはいくらでもある。
(注:無職のままだと心底楽しめまへん
専業主婦のみなさんがダンナさまにお伺いをたてる気持ちがなんとなくわかる気がします。
自分でお金稼いでないと、お金を使うことに後ろめたさみたいなもの感じるんだな、と。
私は家事労働も外での仕事以上に立派な仕事だと思うんだけど、
社会的には残念ながらあんまし認められてない気がする。)

とは言いながら
街で幸せそうな親子など見かけるととても羨ましく思う。
会社探ししながら、いっそ家庭に入りたいと思ってしまうこともある。
コドモを育てるということは、間違いなく次の時代に自分の足跡を残せるということだ。
今後ずっとひとりでい続けるのも、寂しいし、痛々しい気もする。

まだまだなにもかも中途半端な30代半ば。
3ヵ月後の誕生日を前に想うことイロイロ。
私は欲張りで我儘だ。

2008年は12年一度の山羊座の幸運期。
最初は疑ったけど、
今思えば、幸運に守られたのか、いろんな人やモノ・タイミングに助けられ
どんな出来事も受け止めて楽しく過ごすことが出来た。
いつも以上に感謝と幸せの1年だ。
コドモを産むことは今後出来るかどうかわからないけど
両親や兄弟・友達、付き合った人、
励ましたり、助けてくれたり、一緒に楽しんだり
今までみんなにもらってきたものを
今度は私が与えることで
ひとの心に残っていけたら、と思う。

・・・アタシもうすぐ死ぬのか?ってなコメントだな・・・
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-10-29 01:30 | days
<< スコーーーーーーン babanbabanbanban >>