<< ちょっと言わして!! 緊急告知 >>

レッドクリフ Part 1

b0057993_2029253.jpg
観てしもうた~

何だぁ?配給エイベックスぅ?どーりで公開前派手に宣伝するはずやぁ。
と、はなっから拒否反応だったへそ曲がりのichiko
でも観てしまったの。だってものすごく観たくなったんだもん(←ただのミーハー)






もーそんなもんね、このお単細胞ichikoがこのテの作品にハマらないわけがない(小枝風)
冒頭の戦闘シーン(惨敗って設定なんだけどね)
その迫力、誰かを守って戦う兵士たちのかっこよさ
すでに序盤で涙ウルウル。
あんまりアジアの俳優さんには詳しくないのだけど
達者な人がいっぱいいてはるんやねぇ。
アクションも様になって、馬にも乗れて、ガタイもよくて、
あんなへんてこな甲冑が似合って、そしてお芝居も上手だなんて!

後半の戦闘シーンでは序盤に弓矢が大活躍するんだけど、
大量の矢が放たれるシーンは、
戦争なのに、なんだか美しい、なんて不謹慎にも思ってしまった。
監督、スゴイなぁ。
もちろん、アクションや闘いの迫力もすごくて
映画館なのに「すごーい・・・!」って何度か思わず声が出そうになっちゃいました。
(・・・我ながらほんとに単細胞だなぁ・・・)

あと、君主に発言する時の「我が君」という言葉。いいなぁと思いました。
「我が君主」というより、深く愛情がある感じがしますよね。
名訳!さすが戸田なっちゃん!!

実は映画を観る前に、めざましテレビで取り上げられてたのをたまたま見たのです。
それによると、この映画のヒットの背景には

・作品の中で女性がキーポイントになってるため、三国志ファンの男性だけでなく女性にもウケた。
・上映の最初にわかりやすい三国志のあらましをナレーションしたことによって三国志を知らない人でも楽しめた。

てなことが語られとりました。
その後のジョン・ウー監督へのインタビューで、その問題のナレーションについて尋ねると
「斬新なアイデアだね」と苦笑い
(どうもエイベックスさんが万人ウケ狙いにくっつけたらしい)
だけどその続きに
「ハリウッドで映画を作ると、作品本編を脚色されたり、カットされたり、
手が加えられることが多い。今回はやりやすかった」
というようなことを述べておられました。
本編いじられるよりは、ずっとマシ?だったのかな。

三国志読みたくなっちゃいます。
今期のデートムービーNO1と言われてるそうで、それはどうか?とは思いますが
確かにロマンティックなラブストーリーではないけれど、観た後いろいろ話が弾みそう。
現に、終わって劇場を後にする人たちは、みんなちょっとづつ誰かのキャラになりきってたもの。
男たちの熱い戦いに触発されて、隣の彼女を「守ってやるんだぁぁぁ!!」
・・・なんて思わないか。昨今の若者は。

間違いなくPart 2観たくなるよね。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-12-01 20:56 | 本と映画
<< ちょっと言わして!! 緊急告知 >>