カテゴリ:本と映画( 147 )

マンマ・ミーア!

b0057993_19273324.jpg
映画の日の今日、観てまいりました~!
劇団四季のミュージカルを一度観たことがあり
きっと映画になれば、
ABBAの歌詞も英語のままだろうし
ギリシアの海や小さな街の映像が美しくて、ステキに違いない!
と、期待を込めて鑑賞。

思った以上にミュージカル映画でした。
(きなこはん、ちょっと無理かもよ)
舞台もそうですが、楽しく明るいお話なので
終始ハイテンション
降り注ぐ地中海の陽射しはキラキラだし、
ABBAもマンマ・ミーア!のお話も好きな私には楽しかったのですが
何の気なく鑑賞しに来た日本人の方はついてこれるだろうか、といらん心配してしまいました。

ソフィ役の女の子がめっちゃくちゃカワイイ!!
う~ん。。。やっぱり若いっていいなぁ。なんて素直に思ってしまいました。
モチロン、ドナ役のメリル・ストリープも素敵でしたよ!

ロンドンミュージカルオリジナルのサントラ持ってます。
車の中でもお部屋の中でも
必ず、歌ってしまう一枚!
[PR]
by ichiko1515jp | 2009-02-01 19:36 | 本と映画

大阪ハムレット

b0057993_0225652.jpg


悟ってしまったかのようなおっさん臭い長男
元気と鼻息は人一倍の熱い男、次男
優しいぶん、繊細な心を持って生きている三男
なんとなくすんなり納得してしまうキャラ設定。

血液型より星座よりも、
兄弟構成の方がその人の性格に大きく影響すると思うのは私だけでしょうか?
男女限らず一番上の人ってやっぱり「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」な気がして。
私は歳の離れた末っ子で甘やかされて育ってきました。
両親や姉、まわりの人にいろんな想いで助けられてきたんだということに
恥ずかしながらつい最近になってやっと気付いた次第。
姉は姉なりにいろんな想いがあったんだろうな、と。
学校で知り合った友達で三人姉妹の真ん中というコがいました。
何気ない世間話で「真ん中の子って妙に要領よかったりするよね~」とふったところ
「いやいやいや。上(姉)は責任全部背負ってますみたいな辛気臭い顔してるし
下(妹)は好き勝手放題だし、なかなか辛いんですよ~中間管理職も」
と笑いながら言われて、なるほどな~って思っちゃった。
彼女はとても頭の良い明るい女性。
すべてがその通りとは思わないけど、客観的にみるとそういうとこあるかもね~

それぞれに一生懸命生きている兄弟3人の好演が光る作品でした。
ヤンキーの次男、一匹狼だけど、ケンカ負けないのがよかったな。

ただ個人的には加藤夏希がどうにも苦手で・・・
そこだけどうしてもすんなり入れなかったです。
加藤夏希ファンのみなさん、すいません。
[PR]
by ichiko1515jp | 2009-01-24 00:30 | 本と映画

ウォーリーとナノイー

b0057993_0305587.jpg

お正月にウォーリーを観てきました。
色彩が地味だし、お話の内容的にもちょっとオトナ向けかもしれません。
ウォーリーやモーの動きが可愛らしくて。さすがディズニー&ピクサー
ステキなファンタジーでした。

とと、本編はともかく。
お話は今から700年後の設定で
地球はゴミや廃棄物であふれて汚染され、居住不可能になってしまってます。
んでもって、人間は、巨大企業が開発した宇宙船の中で暮らしてる、と。
その中では、人間のお世話もロボットがぜ~んぶやってくれる。
人間はでっぷり太って、自分で立つことも出来ない状態
すでに宇宙船が航海を始めて700年!
人間たちは「海ってなんだっけ?土って何?」と人類の故郷の記憶すらナイ。
生き延びるためには、荒れ果てた地球を再生するより
このまま宇宙船で暮らすほうが楽・・・

という、ない話でもない未来の姿にちょっとコワくなりました。

それと前後しまして
アメトークの家電芸人スペシャルで
某電器メーカーの空気清浄機の話を聞く。
ナノイーシリーズといって、何千分の1の細かな水分粒子が
空気中に散らばって、何もしなくてもその空気清浄機をつけてるだけで
しっとり美肌効果♪が得られるとな。
きゃい~~ん 欲しいッ!
超乾燥肌のichikoは即座にそう思ったんだけど
その後のトークで聞いたところによると
最近の空気清浄機は高品質で
下手に窓を開けて空気の入れ替えをするより、窓を閉めて空気清浄機つけてるほうが
部屋の空気は綺麗なんだと。

う~むぅ。。。綺麗の基準もようわからんのだが
外気がそれだけ汚れてるってことなのか・・・?
にしても、自然よりも人工の方が勝ってるってどうよ?
っつーか、その自然の汚染の原因はもともとは人工なんだけど・・・

ウォーリーの宇宙船じゃないけど
自然が汚染されてきたから、それ以上の人工のもの
「もはやその方が安全で容易」になってしまったら、
それはそっちを選択していくべきなんだろうか。
[PR]
by ichiko1515jp | 2009-01-08 00:55 | 本と映画

ラースとその彼女

b0057993_18233146.jpg

田舎町に住むシャイで優しい青年ラース
いつもひとりでいるラースを心配する兄夫婦
ある日初めて紹介されたラースの彼女は等身大の人形ビアンカだった・・・!

と、柄にもなくあらすじなんてつけちゃいました。
設定だけ聞くと、ありえへ~んって感じなんですが
イヤイヤ、あるかも、と思えるくらい
無理なく画面に見入っちゃいました。面白かった。

コメディタッチで笑えるところもあるんだけど
実は深くて、でもそこは感じる人にだけ感じ取ってもらえば、というのか
押し付けがましくなく、淡々と描かれていたりします。

多少ネタバレ
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-12-31 18:48 | 本と映画

ヘアスプレー @DVD

b0057993_20145632.jpg

も~そんなもんも~ 踊ったええねん 踊ったええね~ん!!

という気分にさせてくれる楽しい1本 ↑上の親娘ショットも超キュートですよね。
ミュージカルシーンも多いですが、ヒロインばかりが歌うのではなく、
要所要所のいい感じの各々のキャストが、みんな聞かすし、魅せるし
飽きることなく楽しめます。
超前向きなヒロイン、彼女は絶対B型やなぁ(B型のみなさん、いい意味でですよ!!)
けども、能天気なお単細胞なのではなく、ちゃんと思いやりがあるし
よくあるそこらのコンプレックス打破ものでもなくて
彼女の前向きさがまわりの人たちを輝かせるからステキ。
彼女の明るさ前向きさは出まかせじゃない信念があるんだよね。

いくつになってもどこに行っても
大きな声で明るく笑えるひと
自分の好きなこと・やりたいことがあって
そのことのために何かしているひと
輝き続ける秘訣だよねぇ
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-12-28 20:33 | 本と映画

レッドクリフ Part 1

b0057993_2029253.jpg
観てしもうた~

何だぁ?配給エイベックスぅ?どーりで公開前派手に宣伝するはずやぁ。
と、はなっから拒否反応だったへそ曲がりのichiko
でも観てしまったの。だってものすごく観たくなったんだもん(←ただのミーハー)

んで、観てどうだったか、というと
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-12-01 20:56 | 本と映画

ビルと動物園 @DVD

b0057993_2243081.jpg

最近劇場に映画を観にいきたくて観にいきたくてウズウズしてるのだけど、イケてない。
今日はDVD鑑賞で代償。
多分ほとんど知られてない作品だと思うんだけど、とってもよかった!
みなさんオススメですぜ。

派手な演出は何ひとつなく、淡々としてるのだけど
切なくて、何度か涙がポロリ。
ネットの映画作品紹介では主人公カコの勤める会社は大企業、
ということになってるんだけど
オフィスの感じといい、社員といい、私にはどうも中小企業っぽく見えて
(大企業を演出するほど製作費用なかったんかなァ)
そこがまたリアルに思ったんだけどなー。
(だいたいドラマに出てくる独身アラサーってみんな大企業のキャリアウーマンなんだよな。
みんながみんな、んなわけないっつの。)
あと音楽もステキです。
主題歌の優しい歌声に聞きほれていたら途中から女性の歌声が混ざり
なんと持田香織氏とのデュエットだそうな。
ELTとはちと違った魅力。

シン君のバイト先の先輩のキャラがいい!
うっとおしいほどテンション高くてイマドキないほどおせっかいなんだけど
なんか憎めません。
あんなにぺらぺら動物の名前が出てくるだけで、ichiko的にはかなり高ポイントです。
いや~動物園デート、いいっすねぇ。。。

肉親の「がんばらんかい」はさすがに堪えるよ。
再生したカコの笑顔の清々しいことったら。
前向きに生きること、1歩踏み出す勇気の大切さを思い出させてくれる1本

坂井真紀は、パーカーの似合う女優ナンバー1だなぁ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-11-27 22:19 | 本と映画

ブタがいた教室

b0057993_19273173.jpg

簿記検定が午前中に終わり
予定してた午後の約束がお流れになってしまって
ひとりで映画の日曜日。
時間的にちょうど良かったこちらの作品をチョイス。

「子ブタを1年間飼育し食べる」ことが前提の「命の授業」
そりゃ名前までつけて1年可愛がったら食べられないよな~~

卒業を間近に控えた子供たちはすっかり成長したブタのPちゃんをどうするか
決着のつかない話し合いをはじめる。

コドモらしい意見や、ただの感情論、おおっと思うようなオトナな意見
いろんな意見が飛び交う。
観ている私も、どうすることが一番いいのか?よくわからなくなってしまった。
最初から食べる派だった、父親が飲食店を営む男の子が言う
「食べることと殺すことは違う。食べることは命を受け継ぐことなんだ」

妻夫木くんみたいな小学校の先生がいたら、お母さま方のアイドルだわよね。
校長先生役が原田美枝子サン。美しすぎるぜ。校長先生。
私の憧れ大杉漣氏も教頭役でご出演。
なんだか真面目なサラリーマンとか冷徹な上司役とかカタイ役が多いけど
個人的にはインテリやくざみたいな役やって欲しいなぁ。
じゅうぶんコワモテだと思うんだけど。。。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-11-16 21:26 | 本と映画

地上5センチの恋心 @DVD

b0057993_17255069.jpg

これでもかっとDVD鑑賞レビュー続きます。
まだまだ観るよん。
というのも、前記事のペネロピもステキだったけど、こちらもまた一層ステキなオハナシ。

本当に何がほんとに豊かで幸せなのか
傍で見るにはわからんもんだと、この映画を観ながら思ったです。
海辺の別荘で♪チキータ・マダ~ムを家族で踊るシーン
一番スキなシーンです。
そこでもう涙溢れてあとはポロッポロ泣いちゃってたもの。
まさかこのタイトルの映画に泣かされるとは夢にも思ってなかったぞよ。
主役のオデットが超キュート。
自分の働くコスメカウンターに来るDVを受けている(と思われる)お客様を、さりげなくあたたかく励ましたり
娘の無神経な彼氏の同居を黙認してたり
それに比べて
彼女の学の無さを罵倒するバルタザールの、まぁ~小さいこと!(笑)
確かにオデットは学も無くインテリアもチープで趣味がよろしくない・・・
のかもしれないが、間違いなく彼女の心は愛であふれているのだ!
ただの天真爛漫ではないよ。
裏打ちされた苦労と過去の賜物なのかもしれないし
何より彼女もまた家族に愛されているステキなマダ~ムなのだ!
な、だけにバルタザールとうまくいってると勘違いされ、職場の同僚からつまはじきにされてしまうシーンは本当に心が痛んだ。
違うってば。昨日ヤツは出てったとこなんだったら!!
ファンタジーなラブコメでも、この辺のリアリティが、安易なハ○ウッド映画とは違うところ。
そしてヨーロッパ映画によくある、結末が陰気なものでもないところが
またまたichikoポイントアップ。

決して派手ではないけれど
またひとつ好きな映画が増えました。こちらも超オススメ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-09-29 17:52 | 本と映画

ペネロピ @DVD

b0057993_21395821.jpg

ichikoめ。無職なことをいいことに映画ばっかり観ておるな。
と思わずつぶやいたみなさま。ハイ。おっしゃるとおりでございます~~

劇場公開時、ものすご~く観たかったのに、見逃した1本。
とってもキュートなお話のわりには、公開劇場少なかったような・・・

ペネロピのお洋服から、お部屋のインテリア・小物、ビジュアルがとってもキュート。
ロンドンの風景・建物も美しい。
ただカラフルなだけじゃない、ステキな色合い。
ペネロピが勇気を出して外の世界に飛び出したときは
私も一緒になって、ドキドキして、公園のシャボン玉ひとつひとつまでがキラキラして見えました。
(実はもうその時点で泣きそうだった)

昨今の女子は映画に出てくるヒロインも
ただ与えられるだけのカワイコちゃんではつとまりません。
与えられる幸せもよいですが、
それ以上に自分でつかんだ幸せがホンモノだと思います。

ペネロピが一歩踏み出すきっかけとなったのは
マックスとの出会いなのですが
その出会いもそもそもはエドワードが雇った刺客としてマックスが送り込まれたからなわけで
ほんとうに、人生何が幸せの種になるかわからない。
だから毎日が楽しい。

ペネロピを苦しめていたお見合いの日々も、母親が悪者と思われがちですが
方法はともかく、彼女も娘の幸せを必死に考えての行動だったわけで
街に出て最初の友達となったアニーをはじめ
登場人物のみんながとても魅力的

そしてなにより、ヒロイン・ペネロピは
どこか自分を冷静に見つめることの出来る頭のいい女の子。
きっともうそれだけで、じゅうぶん魅力的だったのです。たとえ鼻がブタでも。
実際ブタ鼻でも充分可愛いクリスティーナ・リッチ。
スクリーンを見ているうち、徐々にその鼻に愛情すら芽生えて、
魔法が解けて普通のキレイなお顔になったとき
なんだか物足りなさを感じてしまったのは私だけではないはず。

そしてそしてっ!
何よりマックス役のジェームス・マカヴォイくん!!!
きゃ~~ん。ステキぃぃ。かっこいいぃぃ~~
(結局そこかい!)
あとで、ウォンテッドの主役と同一人物と知り超ビックリ。
あっちはいただけんかったですばぃ・・・

なんだかとりとめのないレビューになっちゃいましたが
派手なだけのハリウッド映画より、ずっとずっとステキな作品。
オススメです。
[PR]
by ichiko1515jp | 2008-09-28 22:23 | 本と映画