<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本日の2冊

軽く面白い。
「神様からひと言」荻原浩

読後よく考えてみればストーリーは王道なんだけど。
軽く読み始めて、軽く読み進んで
いつの間にか続きが気になって
通勤の電車の中で、目的の駅に着いても
あぁもうちょっと乗リ続けて読みたい・・・と思った久しぶりの本でした。


話のタネに
「誕生日事典」

別段今さら目新しくもないんだけど
ランチの後の茶店に置いてあったのをチラリ読み。
誕生月とか星座ではなく365日一日づつ性格判断が載ってます。
これがなかなか当たってるように思う。
自分の誕生日のとこ読んで、
まさに最近思ったり気付いたりしてたことが文章になってて
ちょっとした驚愕体験でした。
そうなると友達や家族の誕生日ページも気になったりして・・・
一日分は2ページくらいなので、自分のとこだけ立ち読みするもよし
パーティ用に一冊常備するもよし。
来年からの指針が明確になるかも・・・よ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-30 19:38 | 本と映画

足湯のススメ

年末、忙しいですね。
寒い日が続きます。
なんだか気象庁の予報も大外れで今年は寒い冬だそうで。

ワタクシ、肩凝りも相当ですが
足先っちょも冷えたりする方でして。

さむーい冬の夜、お部屋でのひと時に
オススメが「足湯」でございます。

まぁひとり部屋で洗面器に足突っ込んでる様は
傍から見ると多少マヌケではありますが

少し大きめの洗面器などの容器にお湯を張り、
好みの香りのアロマオイルを数滴たらします。
アロマオイルって種類によって安眠だったり、元気回復だったり
いろいろと効能があるみたいなんで、そこは、お好みで。
(どれがどういう効能かはっきり記さない適当さがdadalog・・・)

ほわんと湯気と香りに包まれて
好きな音楽でも聞きながら
お気に入りの本でも読めば
気持ちほっこり、足はぬくぬく。

血の巡りが良くなるのか、想像以上に体が温まって
よく眠れます。いかが?
ただ、洗面器を片付ける作業のときに、
ふと我に返ってしまうとせっかくの幸せ気分が台無しなので
そこはささっとやり過ごしてしまうことをお奨めします。

あとモニター酷使のハードワーカーの目の疲れに。

熱めのお湯にこれまたアロマオイルを数滴たらり。
そこで絞ったおしぼりを、目の上に乗せて数分。気持ちいーよ。

たった数滴のアロマで効果バッチリですぜ。

おまけ→b0057993_0255833.jpg
会社の年末チャリティバザーで50円でゲットした特大手袋
ディズニーランドではそれなりの値段で売ってるらしい。
飲み会とかパーティとかライブなんかで遊べるかな、と。
ミッキーマウスって指4本やったんや。
これで明日からいつでもミッキーになれます。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-29 00:31 | days

Merry Christmas!

ええーぃ
うだうだ悩んで辛気くさい!
ここは・・・・
b0057993_1761768.jpg

イヴの今日ひとり事務所で働く私に営業さんからの差し入れ。

結局、色気より食い気?ってオチか?
おいしい気持ちを少しだけみなさまに。

メリークリスマス
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-24 17:08 | days

クリスマス 雑感

年賀状プリントアウトしてる待ち時間に投稿。

ここんとこ忙しかったのが
今週頭で一段落して、クリスマスを前に手持ち無沙汰。
今日アトリエのクリスマスパーティだったけど
なんとなくパスしちゃった。

やっぱこの時期、
クリスマス・年末年始・誕生日。ひとりぼっちはさみしーよ。
涙ちょちょぎれます。
毎年毎年「えいや」って目をつぶって耳をふさいでやりすごすっきゃないぜよ。
ほんっともうやだなぁ。。カンベンして。。。
毎年毎年相変わらず前に進まないなぁ。。

あーたまには愚痴らして。

年賀状作るのにPCいじってたら
私の大好きなイラストレーターの小宮氏のサイトにて
小宮氏と
これまた私の大好きな浅越ゴエさんのお誕生日が一緒なことが判明。
どうやら私は射手座の男に惹かれるらしい。

今夜からまた寒くなるそうです。
明日は雪のクリスマスイヴかな。
めりーくりすます、とぅー、ゆー。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-23 20:50 | low

歳とったなぁと思うとき2

密着したビニール袋が素手で開けられないとき。

冬場やし
乾燥してるし
指、脂あらへんのよ。おばちゃん。

学生の時、
テストの答案を舐めた指でめくって返す先生がいて
どえらい嫌やったけど
こういうわけだったのね。先生。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-21 23:54 | days

編集者 竹一平の苦悩

見てきました。
プラン9大阪本公演千秋楽。

もう私彼らを愛しちゃってますから
何があっても見てるだけで楽しいのですが

今回はあえて
プラン9ファンから、抗議の書き込み・メール・電話・カミソリ入りレターが殺到すること覚悟で。
芸暦10何年もの人たちに対して失礼も覚悟で。

もう一歩脱皮してほしいなぁと思うのです。
芸暦10何年だからこそ。
せっかく、みんなコンビ別れして新しくスタートを切った5人組なのですから。
彼らの本公演の劇場の空気は
アットホームで安心感がありキライではありません。
でもでも内輪ウケに甘んじず、
今まで他の誰にもなかったような切り口の彼ら独特の世界観の表現を極めて
関西のアングラで活躍し続けるような「笑かし師」集団となってほしいなぁと。
もぅ、本公演だけでメシ食ってけるくらいの。
そう、全国区でスターになられると
「ゴエさんと暮らす」という私の野望が叶いにくくなりますから(←相当イタイことなってます)
殺人的スケジュールの中、新しいものを創造するのは並大抵ではないと思うけれど
それでも彼らにはその才能と可能性があると思うので
熱いファンとして願って止みません。

でもなぁ
ほんと年末にスゴイなぁと思うのよ。
花月の出番、ネタに芝居に、NGKの寄席
ラジオのレギュラーにテレビ出演
芝居にゃ稽古もいるし、演出つけたり、台本書いたり
はたまた地方にロケ・イベント・営業
その合間にネタ作って練習して
その合間にゴハン食べてお風呂入って恋愛して。

そこらへんの30代男子よりよっぽどハードに頑張ってるんだ。
たとえイマイチ知名度のない芸人さんでも。

そして何百人もの人の前に出て芸を披露する。
芸人としては当たり前のことでしかないのかもしれないけど
当たり前になってることもスゴイなぁと思うのよ
あーなんかうまく伝えられないんだけど。

そんなこんなで舞台を見に行った次の日
なんと私が舞台に立つ夢を見ました。
それもなぜか一日おいた次の日の夜の夢で
しかも共演者はプラン9ではなくバッファロー吾郎のご両人で彼らが座長。
私はケンコバの代役・・・ってどんなやねん。
そのわりには夢の中では余裕かまして全然台本も覚えず
本番前になってそれに気付いて慌ててる、という・・・
大丈夫か。こんな夢見てるあたしって・・・
どなたか夢診断プリーズ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-19 23:23 | I LOVE PLAN9

電車男 on DVD

22歳の青年のピュアなラブストーリーです。
話の本質や運びは10年前の少女マンガとほとんど変わりないかと。
ただ男女逆なだけで。
男子のみなさんの夢をもし壊したら申し訳ないのですが
いろんなところで語られている通り
エルメスたんは完全に確信犯ですね。

なんとなく大作系とか頭使って観る感じじゃなくて
軽く観たい気分だだったので、借りてみました。
最近これ多いわ。疲れ?弱め?逃げ?
大杉蓮に木村多江に西田尚美と脇役陣が好みだったのもありまして。
木村多江は主婦の役どころが多いですね。
冷え切った関係の夫が紅茶のお土産を買ってきてくれた時のシーンが私は好き。
複雑な表情しながらも嬉しそうな木村多江に思わず感情移入
(いや、結婚したことも冷え切ったことも経験ないねんけど・・)
どうも最近中谷美紀がいしだあゆみに見えてしゃあないねんけどなぁ。。。
私だけ?
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-17 22:14 | 本と映画

続・わるいことといいこと

クレームの記事を書いた次の日に
会社でもらったフリーペーパーに載ってた島村洋子さんのエッセイを読んだ。
偶然にもよいこととわるいことについての記述が。
占いの話を切り口にした彼女の文章の中にはこうあった。

結婚はおめでたいこと
だけど結婚によって悩んだり苦しんだりしている人も少なくない
出世はおめでたいこと
だけどそのポジションにふさわしい活躍ができたり、責任をとれるのか、
と尋ねられると難しかったりもする。

ステキな恋人が出来た→ステキだからモテモテで浮気する
気の利かない恋人がいる→気が利かないからあまりモテなくて浮気はない
こうなってくるとどっちがめでたいのかわからなくなる

つまりいいことも悪いこともひとつの事柄の違った面にしか過ぎないのではないかと。

なるほどなー・・・

そして彼女はこう締める。

したがって、苦しみのない生活は喜びがなかった結果ではないのか。と。

わるいことがあった分だけ、いいことが起こると信じたい、と書いた自分の
その発想が嫌になってしまった。
「なんかいいこと」起こることへの期待値高すぎね?
「なんかいいことないかな~」は卒業したいよな。

まあ、でも、しかし。

あんまりストイックになりすぎると
今でも充分に情勢悪化してんのに
ますますヨメの貰い手がなくなりそうだから、
カワイイ期待と自分を失わない依存は大事にしたいと思う
31歳と11ヶ月。なりけり。
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-13 22:31 | days

たとえばのはなし

オフィスにて
上司が部下を一喝する、よくある光景。

「このバカ者!
お前、最近調子にのってるんじゃないのか!!!」

もしこの上司が東北弁だったら

「こんの、たわけぇ!
おんめ、最近チョーシこいてんじゃなかんべーかぁあ?」

ってだけで結構平和で笑えるのになぁ

ってな事を考えながら働いてる私って
やっぱり妄想の世界の住人でしょうか?
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-12 11:24 | days

M-1グランプリ準決勝 at NGK

行ってきましたM-1グランプリ準決勝大阪大会。場所はNGK。
知り合いの知り合いのツテを頼って補助席をゲット。
一般発売のチケットは10分で完売のプレミアチケットだったそうな。
あぁKさんありがとう。。

今年で5年目を迎えるこの大会
一般の認知度も上がってきたし
大会委員長島田紳介も戻ってくるし
空前のお笑いブーム(と呼ばれるモノ)の影響もあってか
注目度も高まってます。
会場には関係者っぽい人も多くて
開演直前にはぼんちのおさむちゃんがサイド入り口からひょっこり顔を出し
隅の席で一般のお客さんにまぎれて観覧されていましたよ。
お付きの人もいたようだけど
やっぱおさむちゃんオーラあったでな。

大会前日にはドキュメント特番なんかも(関西ローカルの昼間の番組だけど)あったりして
ドラマチック狙いすぎて関連特番がどことなくプロジェクトXおびてるのも
芸人がこんなマジなとこ見せてええんかってとこも
気になるっちゃ気になるんだけども
どんなジャンルにせよ、男達の熱い戦いというのは胸が騒ぎますね。
ましてや、無類のお笑い好きですからね、たまりません。

こんなにマジでガチな大会の歴史には
数々の名言やエピソードがあって。
なかでも私が一番好きなのが、第1回大会のますだおかだのエピソード。
このとき、優勝は中川家で彼らは涙を飲んだのだな。
こんときの中川家は出番がトップバッターにもかかわらずダントツでおもしろかったと思う。
まだ第1回なだけに、やっぱり吉本以外は不利なんじゃないかとか
一般審査員の審査は適当じゃなかったんじゃないかとか
そんな真ん中の芸以外のところでの悔しい思いもよぎったことだろう。
で、番組終わったあとに一応打ち上げがあったらしく
彼らももちろん誘われたのだが、出席しなかったそう。
ガチで真剣に戦って、心底悔しくて、その直後に、
がんばったね、残念だったね、中川家おめでとうってお祝い、
とか、そんなこと出来ないです。ということだったらしい。
気難しいとか大人気ないとかいう風にとる人もいるかもしれないけど
本気で戦った人なら、むしろそっちの方がまっとうな感情じゃないかと思う。
そしてそのとき涙をのんで悔しく帰った彼らが
所属事務所の壁もとっぱらって
第2回の優勝者となったのでした。
優勝したときのシャンパンファイトのときのますださんのセリフがまた熱い。
「みなさん、テレビに出てるだけがおもろい芸人やないです。
ライブに、ライブに見に来てください!」

第1回に優勝して当時露出が急激に増えた中川家お兄ちゃん剛も語る。
彼は漫才が好きで漫才師をやっている。
M-1優勝のおかげでバラエティの出演は増えたが
バラエティ出演時に面白いことが頭に浮かんでも、
「これおもろいから、今度漫才のネタにとっとこう」と思うらしい。
そのとき喋れば、確実に笑いが取れて、バラエティタレントとしてますます活躍できるのに、だ。

と、語りだせばきりがないんだけども。

でもって今回!初めて生で見まして。
もう会場は立ち見まで満員!!芸人さんも気合入っててスゴイ空気です。
夏の予選から選びに選ばれ、勝ち抜いた大阪組32組のネタ
思えばなんと贅沢な舞台だったのでしょう。

その中で決勝進出を果たしたのは
結果
アジアン・ブラックマヨネーズ・笑い飯 でした。
東京組からは
麒麟・南海キャンディーズ・品川庄司・チュートリアル・タイムマシーン3号

アジアンは
テレビのバラエティでしか見たことがなく、初めて漫才みたんだけど
うまい。おもしろい。バラエティ向きタレントなんかと思ってたけど
ちゃんと漫才だ。馬場園ちゃんのペースなんかいいよ。
ブラックマヨネーズは
実は個人的にはあんまりスキじゃなくて
関係者からは結構支持されてて、「ほんとに~?」って思ってたんだけど
いや面白かった。よう出来てる・・・
昔私が知ってたときはこんなにうまくなかった。
ビジュアル面のハンディにも負けず、よく腐らずいままでがんばってきたもんだ。エライ・・・!
優勝候補らしいです。
笑い飯
2003年彗星のようにM-1で全国放送に顔を出し
こいつらテレビに出てもいいのかと言われるほどのルックスの小汚さと胡散臭さ
それをはねのける強烈な爆笑ネタで、
ある意味優勝したフットボールアワー以上に注目された彼ら
が、ネタの方向性か、昨年は奮わず。
今年は若干2003年風に持ち直したか?
それが彼らの望む方向なのかは定かでないが
優勝候補の重圧をはねのけて、決勝の舞台では存分に暴れて欲しい。

そしてそして
今回涙を飲んで準決勝敗退となった
りあるキッズ・千鳥・レギュラー etc・・・
東京大会ではオリエンタルラジオが意外に敗退!
その他にもイシバシハザマ・NON STYLE・・・面白くて気になる人はいっぱいいた!
出来ることならみんな決勝に行かせてあげたい・・・
と、まるで甲子園を見るおかんのような気持ちでございました。

さて決戦は12/25。
涙を飲んだグループの中から敗者復活戦を勝ち抜くのは誰か?!
そして優勝1000万は誰の手に?!
[PR]
by ichiko1515jp | 2005-12-11 23:14 | days