<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

十色

先月で退社したショップスタッフのYちゃんとIさんと、
今度の秋に寿退社するNちゃんと夜ゴハンの会

Iさんはアクセサリー作家として再出発することを決めた。

現役ショップスタッフのSっちもDさんも、
H課長も奥さまにと彼女の手作りアクセサリーをお買上げ。

ゴハンの席でYちゃんも、彼女にとても似合いそうなネックレスを2つGET
私も少しばかり彼女の売上げに協力しb0057993_2212794.jpg
爽やかなブレスレットと誕生石のリングを頂いた。
あとは欲しいと思うネックレスを
たどたどしい口説明と、改めて「ほんとに5年も絵描いてんのかよ・・・」と思うトホホな絵図で
どうにか想いを伝え、なんとなんとオーダーメイド。

Iさんが駆け出しの作家さんだからこそ出来る贅沢なワザ。
なんだかウレシイよね。
私の為だけに作ってくれる1品。私を想ってひとつひとつ形にしてくれるのね。
今からとても楽しみ。

多分
ひととおり身内買いが一周したら、
そこからが勝負だよね。

彼女のような作家の卵やひよこは世間にゴマンといて
それで食べてくのは実質キビシイことなのかもしれない。

だけどたとえ一握りでも成功している人はいるわけで
するかしないかはやってみないとわからない。
世界の億万長者かのラルフローレンだって、もとはちっさいネクタイ売りだ。
何もやらずに大変がっているのが私は一番つまらないと思う。
たとえお金が儲からなかったとしても
他に得るものはたくさんあって、そっちの方がかけがえのない大切なものになるかもしれない。

そんな彼女の生まれたばかりのブランドは
「TOYRO」
人生いろいろ十人十色からきてるそうです。
さてさて
世界の「TOYRO」となり、私のオーダーネックレスにプレミアがつく日が来るかしら?
彼女の今後の活躍を心から応援します。
taraさん、強力なライバルが現れましたぞ~!
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-29 23:55 | days

足痛いのにがんばった @NGK

b0057993_035241.jpg


人気キャラも登場して、ちょっとしたファン感謝祭といった向きも。
ネタのいちいちがよーく聞かないとわからない。
よーく聞いたり考えてみるととんでもなく笑える。
相変わらず微妙で絶妙なコントの数々。
ワタシがツボだったのは
DVDのコントの時になだぎさんが三角座りしてるのが可愛かったのと
ひょひょの心の声の字体がうまい具合に崩れたフォントでしかも赤色なのが
妙にマッチしていたところ。
今まで意味不明なセリフと「ひょひょです」しか聞いたことなかったんだけど
ひょひょってあーああいう喋り方なんだぁ
自分のこと「あたい」って言うんだぁ
なーんて変なところで感動してました。

夏には20th記念本公演・秋には演劇祭参加
楽しみだナァ。

現状に甘んじることなくこれからももっとエエもん創ってって欲しいナァ。

関西ローカルでもいいから
息の長い芸人さんでいて欲しいなぁ。

そして、5人集まるとまるで昔の同級生の集まりのような雰囲気を失くさない
いつまでも仲のよい(実際どうだか知らんので「良さそうな」が正しいのかな)
5人組でいて欲しいなぁ。

以上 熱血ファンより。お粗末さまでございました。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-29 00:49 | I LOVE PLAN9

近況

おっとぅ。
こんなに更新の間があいたのは
風邪で寝込んで以来!

その間のワタクシ、ずーっとイラッとボールを伊東四郎に投げつけていた。

わけではなく。

こんなもんや           

b0057993_2221187.jpg


こんなもんを

b0057993_2222143.jpg









作りに行ってみたり


こんなヒトや                           こんなヒト(?)

b0057993_2223186.jpg
b0057993_2202317.jpg


に心奪われたりしておりました。
あ、言っておきますが、左のヒトは代表に決まる前からスキでしたからねっ。

数々の駄々ネタが浮かんでは消え浮かんでは消え・・・
そのうち日付さかのぼってこっそり更新するかもしれないつもりでおりますです。ハイ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-27 22:15 | days

日本の車窓から ~江戸へ参ったのでござる~

N課長の思いつき心遣いで
東京本社の展示会に急遽1日だけ参加することになった。

営業のみんなは二日前にもう東京入りしているから
私はひとり後追いで合流となる。

出張なんてめったにないから
新幹線に乗るだけで心躍る。
顔は澄ましたキャリアウーマンを装っているが実は内心うっきうきである。
だって車内ではノルマがいっぱい
ビールこそは飲まなかったもの
駅弁食べなきゃだし、マンガ読まなきゃだし
時々売りに来るコーヒーとアイスクリームも捨てがたい。
一泊二日の出張バック、中身の1/3がマンガ「ONEPIECE」だったことは誰にも内緒である。
隣のくたびれたサラリーマンの羨望のまなざしを受けつつ
1杯300円の新幹線コーヒーを味わう。
他の乗客が眠りについたり、ゆったりくつろいでいるのに対し
まぁとにかく、ひとりで忙しい2時間半だったのである。

さて
肝心の本社展示会では
1地方営業所の事務員の身では、本社を訪れることもそうそうなく
ものめずらしさからかみんなとても親切にしてくださって
久しぶりにお会いする他の地方の事務の方や営業さんにも貴重なお話が聞け
今まで書面や電話でしかやりとりのなかった人たちにも
直にお会いしてご挨拶することも出来
まぁとにかく
日頃会えないような人たちといろんなお話をすることが出来て
私自身とてもオモシロイ東京出張だった。
ま、訪問した3つ目の部署でダダすべりして、
ただの声の大きい大阪のねえちゃんになってしまったりとか
仕事自体はほとんど何の役にも立ってなかったとか
いろんな失敗もやらかしたけどね。

てなわけで
ここんとこのイライラをすっきりリフレッシュ。
思えば
ここ一週間ほとんどひとりでお留守番状態だった私のガス抜きに
N課長はじめ営業さんが気遣ってくれたのかもしれない。
集計1つロクに出来ない、ふがいないおっさんたちではあるが
なかなかどうして
ウン十年も人を相手に仕事してるだけはある。
ちゃんと見てんねんなぁ。。

東京本社でお世話になったMちゃんはじめ本社の方々
各支店の方々
大阪事務所の営業さん、後輩A、
どうもありがとう。謝謝。

しっかし、本社の営業の女の子は
みんな若くて美人ぞろいなのよ~
すらっと背も高いしね。
おばちゃん感動しちゃった。
各支店の事務員の方もこれまたみんなビューティフル。
顔で採ってんの?うちの会社。
アタシだけ?お笑いで受かったの。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-23 23:10 | days

必殺☆駐車場のおっさん

給料日前
弁当生活を余儀なくされ、食材の買出しへと近所のスーパーへ。
歩いて10分の某大型スーパー、
外車ででもつけれれば私もいっぱしのアダージョなのだろうが
ここはいっぱつ我が愛車マ・マチャーリ発動。
現時点の私が操ることの出来る最速の乗り物が
こやつなのだから仕方あるまい。
風を切って走るのは、体感速度とはこれまた違った気持ちよさがあるものだ。

吟味に吟味を重ねた節約食材を買い込んだ後、家路へ。
帰り道はスーパーの専用駐車場を突っ切ると近道になる。
いつものように駐車場入り口に入り込むも
休日の夕方とあって、駐車場の車も往来が激しい。
入り口付近で控えめにもじもじ右往左往していると
駐車場内の交通整理をしている警備員のおじさんが
「はぁ~いぃはいはいっ!こ~ちら~お~とお~りくーださ~ぁいぃ」
とキッカイな手招き(動画でお見せできないのが残念です)とともに
満面の笑顔で通してくれた。

やられた。これには笑わずにはいられない。
(ぷぷっ)「ありがとう」
自然にこちらも声が出た。

笑顔ってええもんやね。
おっさんでもギャルでもヤンキーでも。
本気で笑っている顔は見てるほうにも伝わってくる。

あなたが向けたその笑顔が
そのままあなたに帰ってくる

というのは、あながち嘘でもないんじゃないかな

と、思える今日この頃。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-21 23:15 | days

イラっとボール

弱音を吐く人で成功した人はいないそうだ。
愚痴を言うと徳ががくっと落ちるそうだ。

むむむむ。

ここんとこ、なにしろイラっと満開なのである。
額に怒りマークが乱立しているぞ。
やばい眉間にしわが刻まれてしまうではないか。

何だ
このまるで梅雨もどきの天気のせいか?
だらしのない会社のおっさんたちのせいか?
こらえ性のない私のせいか?

弱音を吐く人で成功した人はいないそうだ。
愚痴を言うと徳ががくっと落ちるそうだ。

ワシはまだまだ修行が足りんのぅ。

某テレビ番組みたいに、「イラっとボール」が私の手元にあったらいいのに。
時々伊藤四朗めがけて投げてやるー
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-19 16:11 | days

ヤマト魂

通勤電車の中で
目の前の欧米人の女性が「竹取物語」を読んでいた。
なんだかウレシクなってしまった。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-18 10:15 | days

さよならCOLOR  @DVD

b0057993_246065.jpg
劇場公開時すごく観たかったのだけど
あまりに上映会館が少なく
期間も短く見逃した1本。

スーパーバタードック(カタカナでスイマセン!)の名曲「さよならCOLOR」にインスパイアされて竹中監督がメガホンをとったとかとらないとか。

ほんとね
ラストの青空とヒロイン(原田知世ね)と
この曲のコントラスト
泣かされますねー
最近邦楽に心を揺さぶられっぱなし。
しかもラストにかかるのはキヨシローとのデュエットバージョンだぜ。
デラックス。
この曲、キョンキョンもカバーしてたけど
あれはイマイチいただけんかったナァ。私は。

あんまり前情報なしで観たので、
意外なヒトがいっぱい出演していてそれも楽しめました。
(とはいえ確認できたのはほんの一部だったけど。)
医師役のウッチャンと中島みゆきミョーにハマってます。

一番スキなのは同窓会のシーン。
原田知世がみんなの前で先生が好きだったことを告白するの。
そしたら先生も「オレも好きだったぞ」ってみんなの前で肩を抱く。
いやらしくない、オトナの今だから出来る粋なやりとり。

このお話も2人の出会いは高校時代にさかのぼるのだ。
「いま会いにゆきます。」も確かそうだった。
やっぱそこまでなのかなぁ純愛って。くすん。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-18 03:00 | 本と映画

乙女だ☆光るぜ

久しぶりにCDなぞ借りてみる。
スキマスイッチ。
FMで聞くその爽やかな歌声とアフロのビジュアルで気になっていたのだ。
とてもステキな曲たちであるが
なんとも切ない気持ちになりGWさなかに寂しくなってしまった。
次!
ウルフルズ「YOU」
なんでもラブソングばかりを集めたアルバムだそうな。

ストレートな歌詞と歌声。
いつも思うのであるが
彼らの曲に出てくるように愛し愛されたらどんなに幸せだろーか。

結構好き嫌いが別れると思うのだけど、私はスキですよ。
ダサかっこいいの元祖ではないですか?

そう
そしてね。
MALCOの「男だ☆光るぜ」を聞く。
♪夢も希望も~ないオレが~しなくちゃいけないこと~♪
タイトルだけ聞くとなんてダサい、ダサかっこいいどころではないぞよと思ったけれど
キャッチーなサビのメロディと抜け感のあるヴォーカル
ストレートでジンとくる男心の歌詞が。

なんだろ
その昔ギャートルズの時代には、男が狩りをし、女は子供を産み
農耕民族の我々でさえ、ひと昔前までは、男が外で働いて女が家を守る。
いまこの平成の世の中、女の人が強くなったと言われることに間違いはない。
今さらテラノザウルスが襲ってくることもないだろうし
野武士が村に攻めてくることもなかろう。
けどやっぱり、こう、面と向かって守ってやると言ってくれるのは
乙女心としてウレシイよなぁ。
たとえ実際守れるほどの力量がないとしてもさ。
その心意気がジンとくるやない。
そんな風に思うのは人間の古い私だけかしらねぇ。
そんな私が守ってもらえるストライクゾーンから
すでにはみ出てしまっているのではという心配はあるが。

と思いつつも
FM802では湘南の風の純恋歌という
これまたなんともストレートなラブソングが流れっぱなしじゃないさ。
ダサかっこいい流行なんかな。

これは邦楽の歌のなかだけの世界?
ほんとうにこんな風に思ってくれている♂はちまたにたくさんいるのだろーか?

ちなみにこのMALCOというバンド
ちょっと前に違う曲が802のヘビーローテーションになってました。
どちらの曲も130R板尾の顔面アップというなかなか思い切ったCDジャケット。
深夜にCMもやってました。こちらは板尾踊ってます。
タワレコで一度ジャケットチェックして視聴してみてちょ。

前にTちゃんと飲んだときも
彼と彼の友達は、彼女に対して
「女の人は化粧品やら洋服やらにお金がかかるから
飲み代食べ代くらいは男が出す」
んだそうだ。
私はそれを聞いて感動した。
イマドキそんな男気のある言葉を聞いたのは久しぶりだったからだ。
なぜ今まで、そして今も、私のまわりにそのような男子たちがいないのだ!
・・・というか
そう思われるにはそれなりに女子も男子を立てたりする
健気なカワイイ女でないといかんのか。
納得。

なんだろう。今の若い子だったら逆にそんな風に扱われるのは
平等じゃない!って思って気分よくない子もいるのかもしれんな。
実際私も相手が彼氏だろうと友達だろうと男だろうと
立場は半々、50:50だと思ってた。
ワリカンが当たり前だと思ってたし。
だけどそんな風に大事にされるのも、女の子扱いされるのもいいなぁ。。。
と32歳オヤジな乙女は憧れるのであります。

ってなわけで
男子のみなさん
これからichikoと飲みに行くことがあったら
思いっきりオシャレしていくのでゼヒとも奢って頂戴ね☆
(そこかよ~!)
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-15 23:11 | days

運命の靴 その後

今週はお天気がイマイチ。
雨続きで、なかなかデビューの機会がございませんでしたの。
で、晴れ間の出た日に初めて履いたそやつは
まだ革が硬くて、当たるところが痛い
帰る頃には脱ぎ捨てて裸足で帰っちゃおうかと思うくらい。
「せっかく気に入った靴だったのに違うのか?」

ところが今日、おそるおそる2回めのお出かけをいたしましたところ
こないだのように痛くないのです。
当たるところにバンソコ貼ったり多少防御策も練りましたが。

こうして私の足に馴染んでくれてゆくということね。

思えば

歴代のヘビロテ靴クンたちも
最初は靴ズレして痛い思いをしたけれど
その後馴染んで
長時間履いてもヘーキな靴になっていったっけ。

やはりこれ、単に靴だけの話でないんでないの?!

と思う32歳の初夏であります。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-05-14 21:22 | 健脚 買い物日記