<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

有馬景 ありまっけい

「有馬温泉に行ってきました」
「あ~り、まぁ~」
と超低級ダジャレが自然と頭に浮かぶようになったとは私も歳とったんだなぁ。
これがつい口に出るようになったら致命傷だわね。

b0057993_2258329.jpg


b0057993_22581652.jpg















b0057993_2321948.jpg


b0057993_2311349.jpg
b0057993_23134944.jpg






b0057993_2393858.jpg


b0057993_232995.jpg










b0057993_23103177.jpg













b0057993_23305042.jpg







b0057993_23212516.jpg


















b0057993_23254150.jpg

[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-29 22:57 | days

具合悪

だいぶと具合悪いことになっている。

人間弱ると弱いとこにくるもんで
一番に喉にやってきた。
喉痛いときってマスクするのが楽。
喉が痛いのは乾燥した空気がよくないらしく
マスクすることによって自分の吐いた湿った空気を吸うようにすると
随分楽なのである。

だもんで日曜のセールはマスク☆マンで参加
(「ダンス☆マン」とか「つのだ☆ひろ」とおんなじだわね。くす。)
喉以外は比較的元気だったのだが
マスク姿というのは結構人目をひくものである。
会う人会う人に「大丈夫?!」「どうしたの?!」と問われる。
問われているうちに
単純なもので私もものすごい病人であるかのような錯覚に。

これというのも
毎晩毎晩サッカーばっかり見ているからだとはわかっているのにやめられない。

あかん!
私の仕事のかわりは誰にでも出来るが
遊びの代わりはいないのだ!
早く治さなくては!!!
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-26 16:27 | days

ひとりごち

ブラジル戦。負けましたね。
ぐっすり眠ってたので、ダイジェストしか見てないんだけど
玉田のシュート、綺麗に決まってましたね。
それがヨカッタ。今予選リーグ唯一だよね。まともなゴールが見れてヨカッタ。
ま、でもそうなったら柳沢と高原は何だったんだとか
俊輔の試合後のインタビューのあの辛気臭さは何やねんとか
そもそもジーコが辛気臭いわいとか
やっぱり巻くん好みだわ♡とか
ま個人的に思うところはいっぱいあるけれども
こればっかりはいろいろ意見も飛び交うところでしょうし
じゃあお前が代わりにやれよと言われて出来ることでもないですし。
やっぱり日本は経済的に豊かだよね。
あんな遠い国までサポーターがたくさん応援に来てくれて。
残念な試合結果と並べてみると
やっぱりお金で手に入れられないもの世の中にたくさんあるよなって思った次第です。

さてさて昨夜は
YちゃんとNちゃんと人生の大先輩Mさんとお酒を飲みました。
Mさん御年50歳。
だけど明るくて若々しくてとても実年齢には見えないし
16歳年下のご主人と並んでいてもまったく違和感がないそう。

お酒が進むにつれて
みんなほんのり頬に赤みが差して、いい顔色になるのに対して
私はまったく顔色が変わらない。
本人結構酔っているのだけど、お酒が全然顔に出ないの。
これは辛いよ。すごく強いと思われがち。

帰り道Mさんに
「ichikoちゃん顔色悪いよ。大丈夫?」
とまで言われる始末。
「あなた気持ちが老けてる。私の方が若いわよ~。
ま、しょうがないわな毎日50過ぎのおっさんばっかりに囲まれてちゃ。」
とも言われてしまった。

あうう。
ちょっとショックだったよ。。
思い当たるだけに・・・

そんな気持ちをぐっと飲み込み
帰り道のコンビニで買った「アセロラCドリンク」(顔色ちょっとでもよくなるかと思って・・・)
を握り締めて帰途についたのでありました。マル。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-23 13:06 | days

ええねん! ~ウルフルズ06ツアー YOU @大阪~

b0057993_2121927.jpg


ふと聞いた「YOU」というアルバムが心にしみて
ゼヒとも生で聞いてみたいッと思い立ったが数週間前。
調べてみるとツアー真っ最中。6月に大阪で公演があるぢゃないの!
もちろん一般発売などとうの昔に終わっていて全席SOLD OUT
なんとかヤフオクで3階席ながらも定価でペアチケットをゲット。
今までウルフルズ好きだったけど、ライブに行くのは初めて。
後輩Tをお誘いしてダブルメガネで挑みましたぞよ。

いや~
楽しかった!!!

想像以上に楽しかったです。
ガッツだぜ!・ええねん・大阪ストラット・バンザイ・イイ女・・・etc
昔のヒット曲ってわりとやりたがらないミュージシャンも多いと思うんだけど
聞けるとは思ってなかった名曲まで。
ガッツだぜのイントロ聞いたときは鳥肌立っちゃった。

3階のはしっことは思えないくらいの盛り上がり。
席が後ろの方だとなんとなくみんな冷めてて、まったり聞いてるイメージがあって
ま、初参戦だし、様子見で・・・
聞きたい曲が生で聴けるだけでいいわ~っというくらいの心構えだったんだけど
なんのなんの
3階の後ろの後ろまでお客さんノリノリ。
私達も気付いたら二人声を合わせて叫んでました。

実はね
アルバムのなかで、「サムライソウル」はモチロンなんだけど
「くちぐせ」という、トータスがアカペラで歌ってる曲があってね。
なんでもない、日常の感じの短い歌なんだけど
スゴクいいなぁって思っててね。
それが聞けないかなぁって思ってたの。

のっけからノリノリだったから
あーこりゃアカペラの地味な曲はやらないかもなぁって思ってたら
やってくれました。
しかもマイク外して生声で。

やられたなぁ。。。
カッコよすぎるぞ。。。

ライブの合間合間、
すごく心のこもった「ありがとう」が印象的でした。
ツアータイトルにもなってるアルバム「YOU」はラブソングのアルバムやからね。
後半出てきたセットのラブアタックみたいなハート型の電飾も可愛かったよ。
相変わらず衣装派手やしな~
この人たちホンマにライブが好きなんやなというのが伝わってくる。
ほっといたら何時間でもやりそうや。
あのテンションで全国つっきるんやろか。。。すごいエネルギー!
ファンサービス満載の2時間半
ウルフルズがキライじゃない人ならめちゃくちゃファンじゃなくても必ず楽しめるハズ。

しかしミュージシャンがお尻まで出す必要あるんやろか(笑)
いい意味で、この人らアホやなぁ。。。とこちらが笑顔になりっぱなしでした。
帰りのトイレで見た私の顔には笑いじわが刻み込まれて消えなかったよ。
やべぇやべぇ。焦ったっちゅうねん。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-21 21:49 | days

やっぱり今日の話題は・・・

クロアチア戦。ドローでしたね。
まぁ結果はともかく。
これまた例のごとく専門的なこたー何ひとつわからんのですが
人の気持ちには結構敏感なつもりのワタクシ
中田ヒデが終始イライラしているように見えたのは気のせい?

んでもって次はブラジル戦ですよ。
今日の結果が出たとたんみんな「次!勝つしかない!!」って言うのよ。
テレビのアナウンサーも実況のセルジオもヒデも。
いやま、確かにそうだけどさ。
相手ブラジルやで?!(思わず大阪弁)
確率は少なくともまだ望みがあって、日本を背負って戦う以上
そういわなアカンとは重々わかるのよ。
私だって希望と祈りを込めて一勝二敗に昼ゴハン賭けたさ。
だけどひとりくらいさ、ここまできたらさ、
んな堅苦しいこと言わんとさ、
はっきり言って勝つのは難しいと思いますが、
選手自身がおのおの思いっきりサッカーを、W杯を楽しんで、
のびのびとブラジルにぶつかって欲しいですね~
とか言っちゃいけないのかなぁ。。。。・・・アカンねんろなぁ。。

今回の大会はメディアやスポンサーが事前からいろいろと大会を盛り上げとりますな。
「時間がかぶらへんから(番組でも)精一杯応援できるわ~」
とちちんぷいぷいの角さんも言うてはりました。視聴率取り合わんでええもんね。

そうしてメディアがおおっぴらに取り上げてくれてよかったのは
私のようなミーハーにわかファンも日本代表以外の試合を見ようと思えるようになったこと。
実際見てみて感動やオドロキがいっぱいあった。
今までワイドショーでしか見たことなかったベッカムが
ただのイケメンではなく
本当にサッカーもめちゃくちゃうまいやん。。。と今さら知ってしまったり。
比較的見やすい時間帯だったので観た人も多いと思うのだけど
アルゼンチンvsセルビアM
6-0でアルゼンチンが勝った試合ね。
シビれましたよ。
ゴールが決まると、テレビの前で思わず「うわぁ~・・・・」と声が出たもん。
セルビアがそう弱いチームだとは思わないんだけど
アルゼンチンの攻撃ったら華麗華麗華麗。
脚とボールに磁石がついてんじゃないの?と思っちゃうくらいのドリブル・パス・スピード。
面白いようにパスが廻って、ボールが前に前に進んで
これまた華麗な脚さばきでゴールゴールゴール。
あれは見てて面白いよね。サッカーの魅力を知った気がしました。
この試合は日本テレビの放送で
実況ゲストにさんまちゃん、プレーヤーゲストというわけのわからないポジションに中山ゴン。
これもまた面白かったですね。
アルゼンチンの選手が華麗なプレイをしたときのゴン
「うぉお~すげーなぁ~」って興奮しまくり。それじゃ解説になってないっ
ただのサッカーのうまい観客じゃないか(笑)
試合中、選手がタンカに乗せられて運ばれたときも
「(あれは)バナレ(肉離れ)ですね」
なんだよバナレって・・・・
わけのわからない略語を自信満々に声張って言う。威張るとこちゃうやん。。
あと再三カメラに写っていた観客席のマラドーナ。
有名なことらしいのですが、ワールドカップの英雄とは思えないほどのはしゃぎっぷり。
笑える・・・・。これもある意味シビれました。
ゴンもマラドーナもほんとにサッカーが好きなんだなぁって思いました。
やっぱりそういう人が強いんじゃないでしょうか。

アルゼンチンのフォワードの選手、ひとりでもドリブルで突っ込んでいくんだよね。
ゴールでもそうだし、敵のボールを奪うときも。
本来ならセルビアはファウルしてでも止めたいところなんだろうけど
ファウルさえさせてもらえない。
パス回しのプレイも華麗だったけど
フォワード魂ってーのかな?
ボールを持って突っ込んだら、もう、パスなんか出してたまるか
オレが絶対これ入れたんねんみたいな気迫が感じられたよ。

今の日本代表はストライカー不在ってことなんかなぁ。
出て来い!平成の日向小次郎!!
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-18 23:58 | days

奮闘中

今月いっぱい、恒例の社員販売会で毎週末休日出勤でござる。
初日などは朝5時半起きで
会場にいる時間はほぼ12時間。

営業が始まって
ピーク時となればほぼトランス状態でレジを打ちまくっている。
反射神経と動体視力だけで指が勝手に動いてる感じ。
ココロはどこかにトリップしてます。

年々どうもこの早起きというやつが苦手で。
母となった同級生たちはそんなことも言っていないので
単に歳のせいだけではないと思うけれど。。

「貧血+低血圧・朝に弱い人のために」鉄分のサプリメント
栄養ドリンク
あつ~いコーヒー
前日焼肉食べすぎの為、胃薬なんかも飲んじゃったりして

万全の体制で臨んでおります。
しかしこんなに一気にいろんなモン体に入れたらb0057993_154393.jpg
逆に体に悪いんじゃないか?
またぶつぶつが出そうだな。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-17 00:52 | days

サッカー選手は茶髪だね

始まりましたねW杯。
対オーストラリア戦。試合直前。テレビの前で。
日本代表はそのベンチにすら稲本やら大黒やらスター選手でいっぱい。
ミーハーな私はその顔ぶれだけで心躍るのでした。
ピーカンなお天気の下、選手の茶髪がキラキラしていて
スタメン選手の精悍な顔つきに
もしこれが我が息子ならば・・・
と実年齢よりもかなりオバハン臭い感慨を抱いておったのでした。
だってさー
日本代表だよ「日本」の「代表」
スゴイことだよねぇ。。。

あ、今日の韓国、アンジョンファンかっこよかった!

実は会社の後輩とランチ一回分を賭けております。
サッカー推薦で高校に進み、Jリーグからも誘いがあったらしい彼は
涼しい顔で「まーコロッと全敗っすね」と言い切るのだ。
そんなこたーない。いや、事実そうなのかもしれないが
私は祈りと希望をこめて一勝二敗に賭けている。

昨日の様子では、私がランチを奢る羽目になるかもしれない。

専門的なムズカシイこたー何ひとつわからんが
昨日の点を取られてからの各選手の顔つきが気になる。
そりゃ点を取られたら誰だって凹むだろうケドさ
サッカーは野球以上にスピードと流れがキーとなるスポーツだと思うに
選手の表情から覇気が感じられないように思うのは私だけ?
暑さのせいにする?
素人がこの期に及んで精神論か?
あれが実力さと言われてしまえばそれまでなのかね。
けどさ、何年か前の大会で
敵ゴールを許した直後、ゴン中山がボール抱えてセンターラインまで走ってた姿
今でもめちゃくちゃ印象に残ってるもの。


対クロアチア戦では善戦を期待しています。
みせておくれよ。サムライスピリッツ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-14 01:47 | days

携帯エレジー

こう見えてかなりのうっかりさんな私にはよくあることなのだけど
携帯電話を家に置き忘れて出かける。
いざ、携帯が手元にないと
普段自分がどれだけ携帯を見て暮らしていたかがよくわかる。
昼休み・電車の中・ちょっとした空き時間・・・etc

会社の後輩なんかは
仕事上必要なことも多々あって、ないと落ち着かないと言うが
実は私は(置き忘れてきて)ほっとしていたりする面もある。

医者でも弁護士でも刑事でもなく
アパレル会社の事務職の身では、そうたいして緊急な用事などないし。
普段気にしているつもりはないが
どことなく無意識に、そう全くの無意識に
「いつメールが来るやもしれん」と身構えてしまっている緊張感から解放されるからなんだと思う。

携帯電話をぶらさげていたはずが、
いつのまにか私が「ケータイ」にぶら下がってしまっているのかもしれない。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-08 01:05 | days

生茶パンダも

サムライブルーだー
b0057993_15492077.jpg

[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-07 15:49 | days

mousouのススメ

同い年の嫁と結婚3年目、身長178センチのイケメン後輩Aは
子供の頃ひとり遊びが得意だったそうだ。
「あの電信柱から電信柱まで息止められへんかったら明日死ぬ」
と勝手に決めて、意味のない努力をして息を止めてみたり
(肺活量の強化にはなってるか・・・?)
「次のかどを曲がって初めて会った人が運命の人」
と念じて出会った人がおっさんでものすごくがっかりしたりとか
なんだかそんな愉快な妄想遊びをしながら
登下校を楽しんでいたんだそうだ。
残念ながら大人になった今もそのエッセンスは衰えていないようで
冬の寒い日には嫁と2人で「2人鍋パーティ」を勝手に催して盛り上がるそうだ。
このパーティの成功の重大なポイントは
「我に返ってむなしくならないうちに寝てしまう」事らしい。

私も時々、日常のちょっとした場面で
「ここで上からタライが落ちてきたらオモシロイのになぁ。。」とか
「ここで、専務が『売上げをあげるのでちゅー』って言ったらオモシロイのになぁ。。」
などとコントのような世界にトリップすることがある。

一億総中流家庭の我が国で
心豊かに暮らすには
結構有効なイマジネーションだと思うんだけど。。。

その楽しさを共有できる人が限られているというのが欠点か。
ただの変わり者の自己弁護かしらね。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-06-05 21:16 | days