<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

プラダを着た悪魔

b0057993_0204985.jpg

やっと観て来ました!
随分前から友達と行く約束をしてたので
それまでお馴染みの他のブロガーさんのレビューも極力読まないように我慢してました!
わーい。解禁だー。

「冴えない女の子が恋に仕事に一生懸命
磨き磨かれ美しくなってゆくシンデレラストーリー」
と聞き、当初はそんなにキョーミなかったの。
なんか古典的な少女マンガみたいだし、そもそもそういう話はありえないから少女マンガなんだしーって。
だけど蓋を開けるとそこここで高評価。
友達も観たいと言ってたし、
なにより最近は小難しい映画より、断然明るくて楽しく観れる映画がよいのん。。。

そんなこんなで行ってきました!
新しく出来たなんばマルイのTOHOシネマズなんば初デビュー!!(ん?意味が重複してるか?)

TOHOシネマは全席指定で2日前からネットでチケット予約が出来ます。
事前に劇場に足を運ぶこともなく
レディースディの長蛇の列のチケットブースに並ぶこともなく
時間ギリギリに余裕で到着。
このシステムなかなかいっすよ♪
劇場も今一番人気の作品とあってか、ひろーいスクリーンで音響もバッチシ。
若干客層は若め。ギャルで賑わってございます。

b0057993_032599.jpg


でもって肝心の映画本編

メリル・ストリープ すげーな。
キャストロールトップは大御所の彼女でしたが、一応主役はアン・ハサウェイだと私は思うのね。
アン・ハサウェイ
目も口もおちちも大きい。
顔ちっさいのにちょいとタレ目がちなおめめのおーっきぃこと。
顔面における皮膚の面積少ないよなぁ。。。
なんて、のっぺり東洋系(皮膚面積多め)の私はスクリーン観ながらまじまじ思ってしまったわけです。
文句なく可愛いですよ。
だけど時々チラッチラッとうつみ宮土理がよぎるのは私だけ?

前半の華やかなファッション業界のシーンの数々。
一応超末端ながらも同じ業界に身を置く立場といたしましてですね
それはもう、うきうきわくわく胸踊ったかとみなさまご推察かと思うのですが
実はそうでもなかったのですよ。
モチロン、めちゃくちゃ贅沢でステキな衣装だし
アン・ハサウェイの着せ替え人形もみんな可愛くてオシャレでステキだったんですよ。
(お時間よろしければエンドロールを最後までご覧ください
 衣装提供にはそうそうたるブランド名が・・・)
でもねー
前日に美輪明弘サンの日本のアパレル界への痛烈なファッション批判読んじゃってて
しかも、普段、自社製品ながら
ブランドネームだけで20万30万するコートって何よ?
なんて実は思っちゃってるので、
それは大変芸術的にスバラシイことらしいのですが
それでも街中で仮面舞踏会ばりの羽根仮面をつけてポージングされても
それはオシャレというより変じゃね?なんて思ってしまう
ファッション業界の風上にもおけぬ庶民なichikoなのでありますよ。
なんだかんだ言っても、根本的に見かけの商売なんでね、そこはそこに惚れこんで
あのスキンヘッドのおっちゃんみたいにロマンを感じないといけないんだと思うのですが
雑誌編集者ではなく製造メーカーなんでね
ロマンだけでは社員500人メシ食ってけねーんだよ。なんて
泥臭い営業よりな気持ちもあったりするんですよ。
もともとスキで入ったこの業界だったハズなんだけど
そう思うと私もアンディと同じなのかもなぁ。
いや、あんなに可愛くもないし仕事も出来ないけどさ。

その厳しい世界で成功し地位を守っていくために
時には他人を踏みつけて、のし上がっていかなければならない。
それが当然で必然。
だけど、最後のエミリーの電話での憎まれ口や、ミランダのFAXに
彼女ら自身もそんなことをすることに少しづつ心を痛めながらここまでやってきた
面と向かっては、ひねくれた物言いしか出来ないけれど
素直で一生懸命なアンディを、まぶしく、そして少し羨ましく、愛しく思っている
と受け止めたのは私の深読みでしょーか?

と、なんだかんだ言いつつ
やっぱ楽だからめんどくさいからで遠のくオシャレ心にビシッと喝を入れ
ちっとはヒールも履かねばのぅ。。と反省したのであります。
きっとみんなそう思ったよね?!
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-30 01:08 | 本と映画

結婚ラッシュ

結婚ラッシュなのである。
芸能ニュースでも
陣内&紀香 IZAM&吉岡美穂 押尾学&矢田亜希子
びっくりカップルの連続なのである。
かくいう我が社のNちゃんも明日挙式を迎えるのである。
光栄なことに、わたくしメも二次会にお招きいただいているのである。
なんだかんだ言いつつ
根本的に祭り好きな性格で、人が集まる場が結構スキ。
加えてキュートな後輩Nちゃんの晴れの舞台とくれば
人事ながらも実はワクワクしているのである。

しかし普段カジュアルな格好しかしないので、その準備は一大行事なのである。
親会社のセールで手ごろなワンピースを手に入れ
ほっと一安心、余裕をかましていたのだが
ワンピースがあっても、それに合わせる靴・鞄・コート・メイク
もろもろの周辺機器に不備があることに今更になって気付くのである。
かくして前日の今日、大いに慌て、半分開き直りながら
梅田の街へと繰り出したのである。

なんだか今回は「である調」でお送りしているのである。

二次会のみ参加というセミフォーマルな状況、
あんまり着飾りすぎてもかっこ悪いし
いい歳をしてチープカジュアルを押し通すのも情けない気がする。
明日のためだけに割り切って安いキラキラのバックを買うか
多少値が張っても次に使えるいいものを買うか
時間とお金に制限がなければ悩むこともないのだが
ふたつの境界線上でうんうん唸りながらのショッピングなのである。

20代後半からここ数年
人より結婚願望の強い私が見事売れ残り
周りがどんどんお嫁に行くことに対して
寂しさや焦りを感じて正直素直に祝福できないときもあった。
だけどなんだか最近は、ひねくれ度も一周したのか
楽しいことは楽しい、嬉しいことは嬉しい、おめでたいことはおめでたい。
シンプルにそう感じることが出来るようになった(気がする)。

数日前にNちゃんが会社へ挨拶に来たときも
やはりNちゃんを見るみんなの目はとても優しく穏やかだ。
最年長の営業さんは
「Nはべっぴんやから、そら花嫁姿は見ものやなぁ」と好々爺のごとく目を細める。
Gさん、それAさんの時もYちゃんのときも言ってなかったっけ?
と思ったけれども口には出さないでおいた。
やっぱりお祝い事っていいもんだ。

「ichikoのお式にはみんなタキシードで行くからね!」
おせっかいな有難いことにそう声をかけてくださる会社のみなさま。
うーん。。。
どんなお式がいいかなぁ。
披露宴ははずかしくていやだなぁ。。
あの人を呼んだらあの人も呼ばないといけないなぁ。。。
なんて
相手もいないのに、全くいらん心配なのである。

行って来たのである
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-22 21:37 | days

ホームにて ~こんなこともあるんですね~

仕事帰り、京橋のホームで
なかなか次の電車も来そうにないようだったので
缶コーヒーでも飲むか、と思い、自販機に500円玉を入れる。
商品ボタンを押し、つり銭レバーをひねって、出てきたおつりを取り
商品取り出し口に手を突っ込むも
「アレ?」
缶コーヒーが出てこない。
「うそん。」
取り出し口を端から端まで上下前後左右くまなく撫で回しても
ない。缶コーヒーがない。120円払ったのに!
「えーーー」
近くにいた高校生の兄ちゃんに、状況の異常さを目で訴えてみるが意味はない
(今思えば兄ちゃんもメイワクだったろう)
隣の売店で聞いてみる。
「スイマセン。あそこの自販機お金入れてもコーヒー出てこないんですけど」
「ゴメンなさい。あれうちのじゃないのよ。
自販機に貼ってるステッカーに電話番号書いてるからそこに言ってみて」
・・・言ってみてって・・・
なるほど、ちゃんとステッカーが貼られていて
トラブルの時にはこちら、と番号が書いてある。
TELしてみたもののすでに夜の8:00過ぎ。業務は終了していて留守番電話に繋がる。
金額が金額なだけに伝言を残す気にもならず、無言で電話を切る。

確かに120円損したのは悔しいけれど、その気持ちよりも
こんなことってあるんやなぁ。。。って方が強かった。
出てきて当たり前と思ってるもんが出てこないこともあるんやー
なんだかんだ言って日本は平和ボケしてるんかなぁ。とか。
あと、ちょっと前に因果応報のコラムを読んだところだったので
あーなんか私が今日した粗相な行いの報いが120円で済んだってことかなぁ。
こんなときこそ「ありがとう」かなぁ。
と哲学的なような、新興宗教のようなことを考えたりもしていた。
今度からはなるべく自販機ではなく売店で買うことにしよう
などとセコい対応策を真剣に考えたりもした。

電車に乗り込んでから、別件で実姉にメールする用事があったので
つけたしに缶コーヒーのことも添えて送ると
「そんなもん(自販機を)蹴らな蹴らな!!」
という返信が速攻で返って来た。
そうか。蹴る・・・。
わたしゃまだまだ甘かったよ姉ちゃん・・・!!!
さすが。姉は育ち盛りの2人の子供を育てる立派な大阪のおばちゃんである。


追伸
翌朝一番に自販機の会社から電話がありまして(会社の電話に履歴が残ってたらしい)
「何かトラブルございましたでしょうか?」との親切なご連絡。
事情を話すと
丁寧なお詫びの後、商品代金と電話代を
後日書留にて、お送りくださるとのことでした。
スゴイ国だね。我が国は。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-19 22:44 | days

ウクレレはじめました

若干、冷やし中華みたいな扱いになっておりますけれども。

以前の記事にも書いたように
何か楽器をやりたい!
小さくて可愛くてほのぼのして、ギターよりちょっとカンタンそう・・・
というヨコシマな理由でとっつきました、ウクレレ。

最初に行った某有名楽器店系列のサロンは
ビルも新しくてキレイ。体験に伺ったときには制服姿のキレイなお姉さんがお迎えしてくれ
体験レッスン前に10分間のイメージビデオ。
教室も狭いながらも防音が施されており
スクール全体で年に一回ブルーノートで演奏会を行うなど
なんともイマドキにイケてる(まぁ悪く言えば商業的な匂いがプンプンするのだけど)
スクールでしたが、日程が合わず断念。
二件目に訪れましたのはこれまた某有名楽器メーカー系列の教室なのですが
歴史があるのか、ビルは古い雑居ビル
(実はこのビル、以前にシスアドを取ったときに通った学校と同じビル!
またもや通うことになるとは!!)
防音って何?とばかり、となりのドラムの音はレッスン中もがんがん聞こえてくるし
ウクレレのレッスンなのに
ひとりひとりエレクトーンの前に座って演奏するの。。。
(エレクトーンの教室を使いまわしとるのですな)
とはいえ、探し回るのもきりがないし時間も体力もないし
日程も丁度よかったので思い切ってこちらでお世話になることに。

先生はユースケサンタマリアをちょっと小さくよりあっさりしたような先生。
ユースケ先生と勝手にお呼びすることにしよう。
楽器を何ひとつやったことがない私なのに
「初めて」をなんら気にすることなく、
教本のはじめから淡々とややあっさりめに教えてくれるユースケ先生。
楽譜は全く読めないし、コードもチューニングもわからなくて
あたふたあたふた目も耳も指も泳ぎっぱなし。
助けてオーラを全身から放ち、先生に助けてビームを発射し続けるのだけど
なかなかどうして
10年間のOL生活で身につけた姑息な手段は
音楽教室ではなんら通用しないのである。
やっぱり体験レッスンのときの先生は愛想120%だったんだろうか・・・

なんて
なにもこれはユースケ先生が意地悪なわけでも冷たいわけでもなくて
今まで何人もの初心者を見てきて、
経験上、その人自身が繰り返し練習するより方法がないと知っているからなんだろうなと思う。

私は手が小さくて指が太いので
コードによっては押さえるのが大変。
手指の長い人が羨ましいけれど、
ウクレレって、ハワイでは小学生くらいの子が演奏する楽器なんだって。
(日本でいうところのリコーダーか?)
てことは小学生の手指でも充分演奏できるってことよね。
身体的欠陥を嘆いていても言い訳してても始まらないぞ。

かくして目下毎日15分を目標に自主練習中。
b0057993_037360.jpg3コードは覚えたぞ。

基本的にドン臭いのでなかなかスグには上達しないだろうなぁ。
飽きっぽいからいつまで続くことやら。

新しいことに挑戦するのは、いくばくかの費用もかかるし、少しの勇気が必要で、そしてとっても面倒くさい。
だけどそれ以上に面白くって楽しい気持ちになるものだ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-15 00:37 | days

ホットカクテル

この時期は「急に寒くなる」という現象が度々起こりがちで
そんなときには特に
みんなと飲みに行っても
ビールをぐびぐびぃ~っという気分にはなりがたく。

かといって「大将!熱燗つけて!」というほど貫禄もなく。
(日本酒はとても美味しいと思うのだけど次の日とても辛いので飲みません)

というわけで
先日行ったお店で何かあたたかいお酒はありませんか?
とマスターにお願いしたところ
カシスウーロンのあったかいのを作ってくださいました。
(画像はホットカシスウーロンがうまく見つからなくてホットワインレモネードですが・・・)
カシスウーロン自体はポピュラーなカクテルなようですが
ワタクシ、カシスウーロンもホットカクテルも初めて。
お味もさっぱり。まるで紅茶のような味わい。
加えてあたたかいお酒は
心も体もグラスを持つおててもポカポカです。
ウーロン茶にリキュール入れようって思いついたヤツ
チャレンジャーだよなぁ。

これからの季節ちょっとハマリそう。
b0057993_22511515.jpgマスターにレシピ聞いとくんだった。
ただし、お酒が強くないお嬢さんは要注意。まわるの早いよ。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-13 22:51 | days

出来た!

b0057993_21251828.jpg
模様編みに初挑戦。雪柄のニットキャップが完成~
編み物ってやりだすとつい意地になっちゃうんだよね。
なんか、模様のとこめっちゃリキ入っちゃっててシワシワ(笑)
まま。それもご愛嬌ってことで。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-12 21:28 | days

ええもん買うた

最近はもっぱら、プラン9のDVDでタワレコのポイントが貯まってゆくichiko
先日思い立って近所のショップへ

以前から「アメイジンググレイス」がかっちょよく歌えたらなぁと思っていて
そのCDを探しにはせ参じたのであります。
何のすりこみなのかはわからないけれど
ワタシてっきりあれはENYAの歌だと思ってたのね。
どっこい賛美歌だったのね。
本田美奈子とか中島美嘉(歌唱力論外:ファンの人ゴメンなさい)とか
いろんな人が歌ってるんだけど、無難にヘイリーのマキシをチョイス。

それで、当初の目的は果たしたのですが
そこでもう一枚、DEPAPEPEのアルバムをゲット。これがヒット。

b0057993_1542039.jpgこないだうたばんに出てたし
ハチクロの挿入歌も彼らなので
ご存知な方も多いかと思いますが
神戸のストリート出身のギターデュオ。
インストで歌声は入ってないのですが
いやはや、ギターがガッツリ歌ってます。

ジャケットの通り若干夏向きな感は否めませんが(発売が夏前だった模様)
家で何かしながら聞いていると
まんま月9の主人公にでもなった気分。
それぐらいメロディアスでドラマのワンシーンのようなのです。

ワタシが行ったお店にはフルアルバムがもう1種類
b0057993_15104033.jpgファーストアルバムが置いてありました。→
ジャケットが可愛くてこれも欲しい!とスゴク迷ったんだけど
とりあえず新しいほうを選んだのよね。
後に調べてみるに
秋冬バージョンのミニアルバムもあるそうな。
また今度手に入れたいと思います。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-08 15:31 | days

そして 秋の遠足2006 

またまた長くなってしまって
日帰り旅行なのに前後編になっちゃいました。

続いて後半~
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-07 17:49 | days

秋の遠足2006

関西方面、急に今日から寒くなりましたね。
もうすぐ冬が始まるんだなぁ。。しみじみ。
何事もない静かな暮らしを送っております今日この頃。
確実に季節はうつりかわってゆくのですねーーー

なんて年寄りくさいこと言いつつも
須藤理彩サン電撃結婚の相手がもしや巻クンかとびくびくしたり
清水キョウイチ朗氏の訃報に衝撃を受けたり。
春の舞台では元気な姿を生で拝見したところだったのにーーー!!)

さてさて
いつものごとく前置きが長くなりましたが、
先日の3連休、日帰りで京都は大原へ、おとなの遠足へ行って参りました。

GO!
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-07 17:27 | days

死ぬまでにしたい10のこと @DVD

b0057993_012348.jpg久々に欧米系の映画を観たような。
最近、邦画やアジア系が続いてました。

確か公開時にも劇場へ足を運んだのだけど
満員で観られないほど人気だったはず。
実際それほどまでしてナゼ人気だったのかはちょっと疑問。
キャッチーなタイトルと、販促活動が当たったのね。きっと。

そう、タイトルからして
明るい話ではないことは明白なのよね。

みなさん、実際、死を宣告されたら、どうします?
「あと三ヶ月の命」って言われたら、私どうするやろう。
きっとこの映画観た人が必ず一回は考えてしまう「もしも」の話。

このヒロインは23歳の若さなのに、死を前に取り乱すこともなく
悟ったような視線で淡々と残された日々を過ごし、残された人たちにメッセージを残す。
そんな彼女の強さを見ていると
夫・恋人・母親・同僚、他のすべての人たちが辛気臭く見えてしまう。
ほんとにこんなに強くいられるもんなんやろか。

「トレーラー暮らしだけれど、君と出会えて僕は幸せだよ」
夫に、心からそう言ってもらえるアンは
もうそれだけで、充分な輝きを持ってこの世に存在した価値があると思うねん。

「あなたに出会えてよかった。私は幸せだ。」
とたくさん思えて、そしてそう思ってもらえるような人生をおくりたいと思う。
どんな勝ち組より、最高やんね。
[PR]
by ichiko1515jp | 2006-11-06 00:39 | 本と映画